けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

貫き通したクラブの"スタイル"。18/19 UEFAチャンピオンズリーグ グループF 1-2 マンチェスター・シティ

みなさん、こんにちは。
けれむでーす。


今朝のゲームは敵地でのゲームなのにも関わらず多くのファンが詰めかけ、ビッグクラブ相手に勇敢に選手たちは戦いました。勝てませんでしたが、素晴らしいゲームを見せてもらったと思います。



UCL初出場のドイツ勢で最多ゴールを記録。僕たちの誇り。


試合データ

2018年12月13日(木) 5:00 K.O.(日本時間)
18/19 UEFAチャンピオンズリーグ グループF 第6節
マンチェスター・シティ 2-1 ホッフェンハイム
会場:エティハド・スタジアム

《得点者》
16' クラマリッチ (0-1 / PK)
45'+1 サネ (1-1 / MCI)
61' サネ (2-1 / MCI)

【ハイライト動画】



今節のメンバー

今節のメンバーはこちらの18人でした。

《スタメン》4-3-3
GK バウマン
DF カデジャーベク / アダムス / ヒュブナー / シュルツ
MF ガイガー(Out 63') / グリリッチュ / ビッテンコート(Out 70')
FW ブレネット(Out 46') / ジョエリントン / クラマリッチ

《サブ》
コベル / ビチャクチッチ / ネルソン(In 46') / ツバー / アミリ(In 63') / ベルフォディル(In 70') / グリフォ


この日はフォクトが遠征に帯同しておらず、直近のゲームと同じ4-3-3を採用。RWGにSBが本職のブレネットを置くサプライズもありました。また、ガイガーが3月に負った太もものケガから復帰してUCL初出場となりました。サブには、開幕前に中足骨の疲労骨折で離脱していたアミリが今季初のメンバー入りとなりました。


貫き通したクラブの"色"。

既にグループステージ敗退が決まっている中で迎えた、UCLグループF第6節。アウェイで既にグループ突破を決めているマンチェスター・シティと対戦しました。この試合に勝つとUEL決勝ラウンドに進出することが出来るだけに、自分たちの力が試される一戦となりました。


試合は序盤からシティがボールを持つ時間が続き、パスを引っ掛けたりミスパスを拾ってホッフェンハイムがカウンターを仕掛けるという展開。最初の15分は毎度の事ながら、休む間もなくガンガン前からプレスに行くいつも通りの入りを見せました。16分、CKで攻め残っていたヒュブナーペナルティエリア内で倒されPKを獲得。このPKをクラマリッチが落ち着いて決めて先制!クラマリッチは今季のUCLでは得点ランキング3位タイとなる5点目。公式戦7試合連続ゴールとなりました!また、シティ戦では2試合とも先制出来たという事にもなります。(シンプルに嬉しい)



僕たちのエースは止まらない。去年はリヴァプール戦でPKを外して調子を落とした事もあったけど、今年は違う。


その後はシティにゴールを脅かされる時間が続きました。CKからジェズスのヘッドがポスト、FKでは鋭いボールを入れられクロスバーに直撃するなどヒヤヒヤする状況が続きます。このまま前半終了かと思われた45分+1。ゴール正面からのFKをサネに直接叩き込まれ同点。このFKは上手すぎたのでバウマンはノーチャンスでした。このまま前半終了。嫌な時間に追いつかれてハーフタイムへ。


追いつかれたホッフェンハイムは後半の頭からブレネットに代えてネルソンを投入。しかし、試合開始直後の勢いは無くシティに押し込まれ続ける展開。そんな中でも獲得したCKをクリアされると、自陣にはキーパーだけで3対0でカウンターを受けるという絶望的な展開を迎えますが、相手の判断ミスにも救われ難を逃れました。嫌な展開は続き、61分にはサイドを大きく揺さぶられてサネにドッペルパック達成となるゴールを決められ逆転を許しました。


失点直後に復帰後初戦のガイガーに代えてアミリを投入。ガイガーは復帰後初出場にしてはまずまずのプレーを披露。今後コンディションが上がってくればリーグも浮上していけるなと感じました。投入されたアミリも復帰後初出場となりました。その後、ビッテンコートに代えてベルフォディルを投入。ベルフォディルが遠い位置からシュートを狙うといったシーンしかチャンスは作れず、迎えたこのゲームのラストプレーにCKを獲得。このプレーにGKのバウマンも上がる執念を見せましたが追いつけずタイムアップ。アウェイで逆転負けを喫してホッフェンハイムのUCLでの冒険は幕を閉じました。


今節の結果、シティが勝利したため文句なしで首位通過。もう一方の会場はリヨンがドローに持ち込み2位でグループ突破を決め、シャフタールは3位でUELに回ることになりました。ホッフェンハイムは4位でクラブ史上初のUCL本戦での戦いを終えました。


《グループF 順位表》
13 シティ (16:6) +10
8 リヨン (12:11) +1
6 シャフタール (8:16) -8
3 ホッフェンハイム (11:14) -3


既にグループ突破を決めているシティに対して、最初から最後までこのクラブの"スタイル"である「果敢に攻め続ける姿勢」を見せてくれましたが、結果には繋がらずに結局、未勝利で敗退ということになりました。



今後、世界的な名将への階段を登っていくであろうナーゲルスマン監督はペップと固い握手を交わした。ここまで連れて来てくれて本当にありがとう。


もちろん勝ちたかったですが、ヨーロッパは簡単には勝たせてくれないなと、この6試合で感じました。後ほど、前半戦総括の記事を書くのでそこでもまた書こうと思いますが、僕がこのクラブのいい所だと思っているのは、「何点リードしていようが、ガンガン果敢にゴールを目指して攻め続ける姿勢」です。失点が多いのもこの姿勢だからこそのものだと思って受け入れていますが、プレミア王者のシティが相手でも前に出て行くその勇気に今日のゲームは感動しました。結果が全ての世界ですが、その勇気があったからこそ今季UCL本戦に出場できたと思いますし、この姿勢はホッフェンハイムブンデスリーガに昇格してきた時から変わらないものです。失点を減らさなければタイトルとは無縁だと言うことはわかっています。それでも、このクラブの"スタイル"を最後まで貫き通してくれた選手たちに賞賛の拍手を送りたいと思います。



けれむ