けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

勝利のためにゴールを揺らせ。18/19 ブンデスリーガ 第16節 vs.ブレーメン

みなさん、こんにちは。
けれむでーす。


先日のゲームは、これでもかと言うほど攻めに攻めましたがスコアレスドローに終わりました。年内も残すところ2試合。今節はアウェイでブレーメン戦です。



チームの心臓であるデミルバイ。


試合データ

2018年12月20日(木) 4:30 K.O.(日本時間)
18/19 ブンデスリーガ 第16節
ブレーメン vs. ホッフェンハイム
会場:ヴェーザー・シュタディオン
放送:スカチャン1 (CS801 / Ch.581) / スカパーオンデマンド (実況:倉敷保雄 / 解説:松原良香)

【tipicoによるオッズ】
ブレーメン勝利:3.20
引き分け:4.00
ホッフェンハイム勝利:2.05


勝利のためにゴールを揺らせ。

年内も残すところ2試合。そして、年内最後のアウェイゲームとなる今節はブレーメンと対戦します。


ブレーメンは、ドイツ北部にある「ブレーメンの音楽隊」で知られるブレーメンをホームタウンとするクラブ。今季から日本代表の大迫勇也選手が所属しています。また、かつて奥寺康彦さんが所属していた事もあり日本国内では比較的人気のあるクラブです。


今季は開幕ダッシュに成功したブレーメンですが、最近は少し調子を落として現在9位に着けています。今季のブレーメンは中盤から前線にかけてのタレント力があるなと思います。中盤で言うとシャヒンとクラーセン、前線では大迫とハルニクと言った欧州サッカーファンなら一度は耳にした事がある面々が今季加入して、既存のメンバーと上手く融合している印象があります。逆に10番を背負うクルーゼが得点をあまり奪っていないのが少し怖いところです。一方の守備陣はどうかと言うと、守護神のパヴレンカが今季も健在。個人的にブンデス最強キーパーだと思っています。彼には昨季クラマリッチの決定的なシーンを(理不尽な)スーパーセーブで防がれたという嫌な思い出がありますが、彼の牙城を崩さなければ勝ち点3は得られないので、何とか打ち破って欲しいなと思います。


対するホッフェンハイムは、前節引き分けてリーグ戦8戦負け無しとなりました。しかし、4連勝の後に4連続ドローという事で裏を返せば、4試合勝ちから遠ざかっていることになります。2季前に開幕から17戦無敗を達成した際に「引き分けが多い」と揶揄されたのを思い出しますね。5試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節のゲームで今季のリーグ戦で初めて無得点に終わった攻撃陣の奮起に期待がかかります。好調のクラマリッチは昨季、一昨年のブレーメン戦でゴールを決めているため、今節もお得意様からゴールを奪って欲しいなと思います。また、グリリッチュとベルフォディルは古巣対戦になります。グリリッチュが中盤でピンチの芽を摘み、ベルフォディルがゴールを奪って躍動する。そんなシーンが見れた上で勝利できれば最高だななんて思いますね。笑


予想スタメン

kickerによる予想スタメンはこちらです。

GK バウマン
DF ビチャクチッチ / ポッシュ / ヒュブナー
MF カデジャーベク / デミルバイ / グリリッチュ / シュルツ
FW ベルフォディル / ジョエリントン / クラマリッチ

【欠場見込み】
[ケガ]
ノルトヴェイト(中足骨の浮腫) / ルップ(リハビリ) / オットー(中足骨の浮腫)

[メンバーに考慮されていない]
シュトルツ / ピレス / ハック / アマデ / バウムガルトナー


今節もポッシュが3バックの中央を務めると予想されています。会見では、「フォクトが今節のメンバーに入れる事は可能。ただ、まだ試合で使うかどうかは決めていない。」とナーゲルスマン監督が話していました。前節のポッシュのパフォーマンスを見れば、ビルドアップも上手くやっていましたし、左右のCBが前に飛び出した際のカバーも出来ていて特に不安は無いかなと感じました。また、中盤にはグリリッチュ、3トップの一角にはベルフォディルと先ほど書いたように古巣対戦になる2人が名を連ねています。


今節は連戦になりますが、敵地でしっかり3ポイントを手にしてホッフェンハイムに帰ってきてほしいなと思います。また、「大迫半端ないって」と言わせないような試合展開を期待したいですね。笑 前節クリーンシートを達成した守備陣頼むぞ。笑
そして、前節無得点に終わった悔しさをこのゲームにぶつけて、2試合ぶりのゴールを、5試合ぶりの勝利を見せて欲しいなと思います。



けれむ