けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

敵地で狙うは勝ち点3。18/19 ブンデスリーガ 第26節 vs. シュツットガルト

みなさん、こんにちは。
前節はホームで苦しみながらもエースの2得点で勝利を収めたホッフェンハイム。今節は敵地でシュツットガルトとのバーデンダービーに望みます。



試合データ

2019年3月16日(土) 23:30 K.O.(日本時間)
18/19 ブンデスリーガ 第26節
シュツットガルト vs. ホッフェンハイム
会場:メルセデス・ベンツ・アレーナ
放送:スカチャン4(Ch.584) / スカパーオンデマンド
※英語コメンタリーでの放送。


《tipicoによるオッズ》
シュツットガルト勝利:3.80
引き分け:3.80
ホッフェンハイム勝利:1.90



前回対戦時にゴールラッシュの口火を切ったブレネット。



敵地で狙うは勝ち点3。

  • 前回対戦は快勝。しかし今節は鬼門でのゲーム。

前回対戦はホームで4-0とホッフェンハイムが快勝したこのカード。しかし、当時のシュツットガルトは監督交代直後であり、序盤にインスーアが退場していたということもあっての勝利でした。また、今節は敵地に乗り込む形になるホッフェンハイム。昨季も完敗を喫したように、2勝3分5敗と苦手とするスタジアムでのゲームになります。ホッフェンハイムはこの鬼門を突破してヨーロッパ争いに食らいついていきたい、対するシュツットガルトは得意なカードで勝利して残留争いを混沌とさせたい一戦です。


  • 敵地でも3ポイントがマストの今節。

先ほど紹介したようにメルセデス・ベンツ・アレーナでのゲームを苦手としているホッフェンハイム。前節、ケガで離脱していた選手たちが多く復帰しましたが、今節も離脱していた選手が少数復帰する事が予想されます。ようやく万全に近い形で戦うことができるホッフェンハイムは現在勝ち点37の8位。4位のメンヒェングラートバッハとは9差、6位のレバークーゼンとは5差でまだまだ諦めるには早い時期です。ヨーロッパ争いの直接対決が控えている中で、下位に沈んでいるクラブを相手に勝ち点を落とすわけにはいきません。必ず3ポイントを積み上げて中断期間に入りたいゲームです。


対するシュツットガルトは、現在ホッフェンハイムからツバーが今季終了までローン移籍中。今節の出場も予想されていて対戦が楽しみですね。そんなシュツットガルトは後半戦に入って、結果だけを見れば僅か5ポイントしか積み上げられていませんが、この冬に加わった選手が既存の選手とうまく融合して上位クラブを苦しめる戦いぶりを披露しています。下を見れば自動降格圏とは5差、上を見れば残留圏とは3差の16位に位置しているシュツットガルト。残留へ向けて、そして今節はダービーという事もあり闘志むき出しで挑んでくるであろう相手をどのように躱していくのか注目です。



プレスカンファレンス

ナーゲルスマン監督

  • ローン移籍中のツバーについて。

「シュテフェン・ツバーは常にモチベーションが高いよ。彼が成長しているという事実に僕は驚いていない。彼が土曜日に走り続ける必要が無いとしても、たくさんのゴールに関わってきたし彼には満足しているよ。」


「僕は今節のシュツットガルト戦に多くのサポーターが車で詰め掛け、後押しを受けることを想像しています。僕たちが彼らの守備を打破しなければならない状況があるでしょう。しかし、僕たちはそれに備えています。」


「デミルバイは練習に復帰。アダムスはチームに帰ってきました。ガイガーは変わらず今節も欠場で、ルップはようやくチームの練習に合流しました。」



予想スタメン

kickerによる今節の予想スタメンはこちらです。


ホッフェンハイムの予想スタメン。


《スタメン》3-1-4-2
GK:バウマン
DF:ポッシュ / フォクト / ビチャクチッチ
MF:カデジャーベク / グリリッチュ / シュルツ / アミリ / ビッテンコート
FW:クラマリッチ / ジョエリントン


《欠場見込み》
・ルップ (リハビリ)
・ガイガー (鼠径部の手術)
・リベイロ (今節のメンバーに非考慮)
・ハック (今節のメンバーに非考慮)
・アマデ (今節のメンバーに非考慮)


「ナーゲルスマンの選手起用に関する悩みが緩和された」とkickerは書いており、続けて最終ラインではヒュブナーとアダムスが、中盤ではデミルバイ、最前線ではサライ、ネルソン、ベルフォディルが起用の準備ができているとの事。3-4-3でスタートする場合はスタメン予想とは違う攻撃の駒がチームに加わるとしています。


今節はバーデンダービーであるという以上に、ヨーロッパ争いから早々に脱落しないために絶対に勝たなければいけない一戦になります。残り9試合と終盤に差し掛かってきた今季のブンデスリーガ。ナーゲルスマンと素晴らしい別れを迎えるために、まず今節勝利してインターナショナルマッチウィークによる中断期間を迎えたいと思いますね。



けれむ