けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

2季ぶりの5連勝へ。18/19 ブンデスリーガ 第31節 vs. ヴォルフスブルク

みなさん、こんにちは。
前節は敵地で今季最多の5得点で大勝を収め、連勝を4に伸ばしたホッフェンハイム。今節はホームに戻ってヴォルフスブルクと対戦します。今節からの3試合はヨーロッパ争い直接対決が続く、非常に重要な時期に突入します。



試合データ

2019年4月28日(日) 22:30 K.O.(日本時間)
18/19 ブンデスリーガ 第31節
ホッフェンハイム vs. ヴォルフスブルク
会場:PreZeroアレーナ
放送:スカサカ!(CS800 / Ch.580) / スカパーオンデマンド
※英語コメンタリーによる放送。


《tipicoによるオッズ》
ホッフェンハイム勝利:1.50
引き分け:4.70
ヴォルフスブルク勝利:5.70



2試合ぶりのホームゲーム。そんなホームゲームも残り2試合。



2季ぶりの5連勝へ。

  • ヨーロッパ争い直接対決。直近は全くの五分。

今節は4連勝中の6位ホッフェンハイムが、ホームに勝ち点4差で追う9位のヴォルフスブルクを迎えるヨーロッパ争い直接対決。今節は両チームにとって大きな意味を持つ一戦になります。まず、ホームのホッフェンハイムからすれば5位とは勝ち点1差、UCL出場権が得られる4位とは勝ち点3差に迫っており、2季連続のUCL出場も現実的になってきています。対するアウェイのヴォルフスブルクは前節ホームで勝ち点1を拾ってヨーロッパ争いに踏みとどまりました。しかし、今節敗れればヨーロッパ出場は非現実的になってしまうこともあり激戦必至。
また、直近5試合の対戦成績を見てみると両者から見ても1勝3分1敗と全くの五分。前回対戦はホッフェンハイムが敵地で粘ってドローに持ち込んだこのカード。注目のゲームは日本時間4月28日(日)22:30キックオフです。


  • 攻撃陣が絶好調。勢いそのままに5連勝なるか。

前節、アウェイながらも今季最多の5得点で大勝を収めたホッフェンハイム。今節はホームに戻ってのゲームになります。4連勝中と勢いに乗るチームは自慢の攻撃陣が絶好調。2019年に入ってから2人で21点を奪っているクラマリッチとベルフォディルのコンビに加え、2試合連続ゴール中のアミリなど、ようやく攻撃陣が本領発揮してきました。しかし、今節は司令塔のデミルバイが累積警告で出場停止となる点が一番の懸念材料となります。彼の不在を感じさせない攻撃力を見せつけて、ホームで2季ぶりの5連勝を狙います。


  • 前節は劇的ドロー。しかし今節敗れればヨーロッパ出場は危機的に。

前節はホームでフランクフルトとのヨーロッパ争い直接対決だったヴォルフスブルクブルックスが決めて土壇場で追いつき勝ち点1を拾った形ですが、現状6位とは勝ち点4差。仮に今節敗れればその勝ち点差は7に広がり、残り試合数から考えても逆転は厳しいものになってしまいます。昨季までは2季連続で2部クラブとの入れ替え戦プレーオフを戦っていた08/09シーズンのチャンピオンチーム。復活を印象づけた今季にヨーロッパ出場という花を添えるためにも、正念場となる今節は勝ち点3だけを目指して敵地に乗り込みます。



プレスカンファレンス

ナーゲルスマン監督

「フォクトは肘の問題を抱えていますが、おそらく出場できると思います。ジョエリントンは足首のケガで今節も欠場します。また、デミルバイは累積警告で出場停止です。」


ヴォルフスブルクはいいシーズンを過ごしています。彼らはうまく準備し、ボールを使って局面を打開できます。我々は走り続けるために努力しなければならない。しかし、我々はそうする準備ができています。」


  • UCLへの思い。

「もちろん、僕たちはUCLでプレーしたい。しかし、僕たちはたくさんのプレッシャーを感じています。そして、チームは熱狂的で、最後の数試合に興奮している。ですが、彼らは(今の)状況を非常に上手く処理できてると感じているよ。」



予想スタメン

kickerによる今節の予想スタメンはこちらです。


《スタメン》
GK:バウマン
DF:ビチャクチッチ / フォクト / ヒュブナー
MF:カデジャーベク / グリリッチュ / シュルツ / アミリ / ビッテンコート
FW:ベルフォディル / クラマリッチ


《欠場見込み》
・ガイガー (トレーニング不足)
・デミルバイ (累積警告による出場停止)
・オットー (U19チームの遠征に帯同中)
・リベイロ (メンバー外)
・ジョエリントン (トレーニング不足)
・ハック (膝の問題)
・アマデ (U19チームの遠征に帯同中)


累積警告で出場停止のデミルバイに変わってビッテンコートが入ると予想。しかし、3-4-3を採用した際にはサライが入るだろうとの事。また、4-3-3を採用した際にはビチャクチッチの代わりにサライが入るとされています。


さぁ、今節は絶対に負けられない一戦です。ヨーロッパを争うライバルの結果が出てからのゲームのため、比較的有利な状況下でゲームが行われます。しかし、今節の相手は簡単ではありません。乱打戦になったとしても今のチームなら打ち勝てると信じていますし、ロースコアの接戦になっても我慢比べで勝ち切る事ができると信じています。今節勝って3季連続のヨーロッパ、2季連続のUCLへさらに近づけるように応援しましたいと思います。



けれむ