けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

20/21シーズン ホッフェンハイム 選手紹介

みなさん、こんにちは。
けれむです。


いよいよ2020/21シーズンが開幕します。昨季は世界的にもチームとしても様々な事があり大変でしたが、今季は何事もなく最後まで駆け抜ける事が出来ることを祈るばかりですね。


さて、今回は20/21シーズンを戦うTSGホッフェンハイムの選手を紹介させて頂きたいと思います!

また、新監督のセバスティアン・へーネスに関してはこちらからどうぞ!
ついに新監督が決定! - けれむのブログ




f:id:upar0108:20200821093150j:plain
2020/21シーズンを戦うホッフェンハイムスカッド




2020年 夏の移籍市場

《OUT》

・GK アレクサンダー・シュトルツ
(引退 / TSG 1899 ホッフェンハイム Ⅱ GKコーチ)
※ 今季からはトップチームの登録を外れ、セカンドチームの選手としてプレーしながらアカデミーでGKコーチも兼任する。
※ 現役を引退し、セカンドチームのGKコーチに就任すると発表。アカデミーのコーチは21/22シーズンから。9/11リリース。


・GK ミヒャエル・エッサー
(契約満了)
ハノーファー96への加入が決定。


・GK グレゴール・コベル
(VfBシュツットガルト / €4m)
※ 昨季までシュツットガルトにローン移籍していたが、今季から完全移籍に移行。


・DF ユスティン・ホーフマ
(FCユトレヒト / オランダ / ローン)
※ 昨季もユトレヒトにローン移籍していたが、2022年までTSGと契約延長した上で今季も引き続きローン移籍する。


・DF ルーカス・リベイロ
(SCインテルナシオナル / ブラジル / ローン)
※ 2021年12月31日までのローン移籍。


・MF レオナルド・ビッテンコート
(SVヴェルダー・ブレーメン / €7m)
※ 昨季はブレーメンにローン移籍していたが、その際の契約条項である買取義務の条件を満たしたため今季から完全移籍に移行。


・MF シュテフェン・ツバー
(アイントラハト・フランクフルト / €3m)
※ ミヤト・ガチノヴィッチとのトレード。


・MF フェリペ・ピレス
(モレイレンセFC / ポルトガル / ?)
※ 昨季までクロアチアのHNKリエカにローン移籍していた。9/12リリース。


・MF イライ・エルムキース
(ADOデンハーグ / オランダ / ローン)
※ 2021年6月30日までローン移籍する。9/18リリース。


・FW ダビド・オットー
(1.FCハイデンハイム1846 / ドイツ2部 / ローン)
※ 昨季もハイデンハイムにローン移籍していたが、2023年までTSGと契約延長をした上で今季も引き続きローン移籍する。


《IN》

・GK ルカ・フィリップ
(TSG 1899 ホッフェンハイム Ⅱ / トップ昇格)


・DF カシム・アダムス
(フォルトゥナ・デュッセルドルフ / ドイツ2部 / ローン終了)


・DF ジョシュア・ブレネット
(SBVフィテッセ / オランダ / ローン終了)


・DF ケビン・フォクト
(SVヴェルダー・ブレーメン / ローン終了)


・DF ライアン・セセニョン
(トッテナム・ホットスパー / イングランド / ローン)
※ 2021年6月30日までのローン移籍。10月5日リリース。


・MF ミヤト・ガチノヴィッチ
(アイントラハト・フランクフルト / €3m)
※ シュテフェン・ツバーとのトレード。


・MF セバスティアン・ルディ
(FCシャルケ04 / ローン)
※ 昨季終了後ローン期間満了でシャルケに復帰したが、再び今季終了までのローン移籍で加入。10月5日リリース。


・FW ジョアン・クラウス
(LASKリンツ / オーストリア / ローン終了)


《ローン移籍中》

・FW ブルーノ・ナザリオ
(ボタフォゴFR / ブラジル)
※ 2020年12月31日までのローン移籍中。




2020/21シーズン 選手紹介

では、次に今季ホッフェンハイムでプレーする選手を紹介していきたいと思います!
よろしくお願いします!


また、この紹介記事は夏の移籍市場が閉幕する現地時間の10月5日までは随時更新していく予定です。


※年齢は2020年10月5日時点のもの。
※前所属にはローン先も含む。
※成績は公式戦通算のもの。


《GK》

オリバー・バウマン

Oliver Baumann

f:id:upar0108:20200801015112j:plain

ポジション:GK / 背番号:1
1990年6月2日 生まれ (30歳)
身長:187cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ (代表)
前所属:SCフライブルク (ドイツ)
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:31試合 52失点 / クリーンシート:7回
TSG通算:218試合 330失点 / クリーンシート:50回

SNS
https://instagram.com/olibaumann90?igshid=vj3e0b0ss77b
Oliver Baumann (@olibaumann) | TikTok


チームの絶対的守護神。

今季でチーム最古参となる在籍7シーズン目を迎えたTSGの絶対的守護神。29歳と77日でブンデスリーガ通算300試合を達成したバウマン。この年齢で300試合を達成したGKは過去にリーグでも4人しかおらず、リーグのレジェンドに肩を並べた。そんな彼の持ち味は安定したセービングとPKセーブ。彼の活躍で勝ち点をいくつ拾ってきただろうか。また、多くの試合で見せる超人的なセーブは、"さすがGK大国の選手"だと感心するものがある。さらに、実況アナウンサー・下田恒幸さんお墨付きの正確なキックで最後尾からチームの攻撃にも貢献している。この夏にはシュツットガルトに移籍したコベルをローンから復帰させるのか、バウマンと契約延長するのか2択を迫られていたが、チームはバウマンとの契約延長を選択。今季も守護神としてTSGのゴールを守る。



フィリップ・ペントケ

Philipp Pentke

f:id:upar0108:20200710233856j:plain

ポジション:GK / 背番号:12
1985年5月1日 生まれ (35歳)
身長:191cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ
前所属:SSVヤーン・レーゲンスブルク (ドイツ)
契約期限:2021年6月30日
昨季の成績:6試合 8失点 / クリーンシート:2回
TSG通算:6試合 8失点 / クリーンシート:2回

SNS
https://instagram.com/penne_1?igshid=xhhewumj4f4


年齢の壁を越えて成長を続けるセカンドGK。

昨夏加入したチームのセカンドGK。加入当時34歳だったペントケは、インタビューで「年齢を感じていないよ。」とコメント。その自信が"ホンモノ"であることを見せつけた1年間を過ごした。昨季は守護神のバウマンが負傷離脱してしまう緊急事態が発生したが、彼の活躍で事なきを得た。中でも第20節のレバークーゼン戦では、彼の強みである優れたセービング能力を存分に発揮。ファインセーブを連発してチームを勝利に導いた。また、その活躍が認められてkickerに第20節のマン・オブ・ザ・マッチデイにも選出された。実は昨季がブンデスリーガ1部デビューだった遅咲きのセカンドGK。今季もベンチから多くの試合を見守る事になるが、持ち前の明るさでチームを鼓舞しつつ、自身は年齢の壁を越えて成長を続けチームの危機に備える。



ルカ・フィリップ

Luca Philipp

f:id:upar0108:20200817005125j:plain

ポジション:GK / 背番号:37
2000年11月28日 生まれ (19歳)
身長:192cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:2試合 7失点 / クリーンシート:0回 (TSG Ⅱ)
TSG通算:出場なし

SNS
https://instagram.com/_lucaphilipp?igshid=162o6cf9488lk


掴み取ったプロ契約。チームの第3キーパーに。

今夏、プロ契約を締結してトップ昇格を掴み取ったフィリップ。昨季の新型コロナウイルスの影響による中断期間からトップチームに帯同してトレーニングを重ねてきた未来のTSGの守護神候補。12歳からTSGに所属してプレーしてきたアカデミー出身選手でもあるフィリップ。未来の守護神候補と目されていたコベルはシュツットガルトへ移籍。ただ、彼のライバルとなるであろうダニエル・クライン(19)は今季セカンドチームでプレーするが彼もプロ契約を締結。また、ドメン・グリル(19)やナウエル・ノール(17)といった選手たちも守護神の座を虎視眈々と狙っている。こういった選手たちと切磋琢磨しながら成長し続け、未来の守護神の座を掴むための日々を過ごす。



《DF》

ジョシュア・ブレネット

Joshua Brenet

f:id:upar0108:20200801015126j:plain

ポジション:RB, RWB, LB, LWB / 背番号:2
1994年3月24日 生まれ (26歳)
身長:181cm / 利き足:右足
国籍:🇳🇱オランダ (代表:2試合)
前所属:SBVフィテッセ (オランダ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:2試合 0得点 0アシスト (TSG)
      4試合 0得点 0アシスト (フィテッセ)
TSG通算:20試合 3得点 1アシスト

SNS
Joshua Brenet (@joshuabrenet) | Twitter
https://instagram.com/joshuabrenet?igshid=1gnwsc0yiyylq


両サイドこなす攻撃的SB。

両サイドでプレー可能な攻撃的SBのブレネット。積極的にゴール前まで駆け上がり自らシュートを放つという攻撃力が魅力の選手である。昨季は彼と同郷であるオランダ人指揮官がチームを率いていたが、出場はポカールでの2試合に限られ、シーズン後半戦はオランダのフィテッセにローン移籍となった。しかし、ローン先のフィテッセでも出場機会は限られリザーブチームでのプレーを余儀なくされた上に、新型コロナウイルスの影響でオランダのエールディヴィジはシーズン打ち切りとなるなど屈辱のシーズンを過ごした。今季はチームに新監督を迎えた事に加えてヨーロッパも並行して戦うだけに、自慢の攻撃力を武器に出場機会を伺う。



パベル・カデジャーベク

Pavel Kadeřábek

f:id:upar0108:20200801015138j:plain

ポジション:RB, RWB, RW / 背番号:3
1992年4月25日 生まれ (28歳)
身長:182cm / 利き足:右足
国籍:🇨🇿チェコ (代表:42試合)
前所属:スパルタ・プラハ (チェコ)
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:33試合 3得点 7アシスト
TSG通算:156試合 11得点 20アシスト


攻撃力が自慢。リーグトップクラスのRB。

リーグトップクラスのチェコ代表RB。豊富な運動量を武器に右サイドを駆け回り、積極的な攻撃参加でチームの得点に多く関与する。また、ヘディングにも自信があり、セットプレーでも一発仕事をできる能力も兼ね備えている。昨季は正確なクロスを武器に7アシストを記録した。さらに、同じく昨季には攻撃力を買われてRWにも挑戦して新境地を開拓した。一家の愛犬が亡くなった際に、傷ついた家族に寄り添うためにゲームを欠場するほど家族愛が深い事でも知られるカデジャーベクだが、このオフに2人目のお子さんとなる娘さんが生まれた。新たに加わった家族に少しでもいい所を見せるべく、"2児のパパ"は今季も右サイドで奮闘する。



エルミン・ビチャクチッチ

Ermin Bičakčić

f:id:upar0108:20200801015147j:plain

ポジション:CB / 背番号:4
1990年1月24日 生まれ (30歳)
身長:185cm / 利き足:右足
国籍:🇧🇦ボスニア・ヘルツェゴビナ (代表:34試合)
前所属:アイントラハト・ブラウンシュヴァイク (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:22試合 2得点 0アシスト
TSG通算:134試合 6得点 5アシスト

SNS
Ermin Bicakcic (@Bico333) | Twitter
https://instagram.com/bico3?igshid=1jy5goiueg711


経験豊富なベテランCB。

在籍7シーズン目を迎えるチーム最古参のCB。選手の入れ替わりが激しいチームの中でも、長く戦力としてチームに貢献してきた。ヘディングが強く、セットプレーでは多くゴールを奪い大きな武器となっている。また、経験から来るものであるが、落ち着いて相手の様々な攻撃に対処できるところはさすがの一言。そして、ビチャクチッチと言えばチームきっての"SNS芸人"。TwitterInstagramでは頻繁に投稿があり、彼のプライベートを垣間見ることができる。また、彼のSNSでも登場頻度が高いほど仲良しであったニコ・シュルツ(現:ドルトムント)とアダム・サライ(現:マインツ)が昨夏チームを去り心配されたが、昨夏加入したスタフィリディスを相棒とした。このオフは"相棒"の母国であるギリシャを訪れてリフレッシュしていたビチャクチッチ。今季も重要な場面でチームの守備を引き締める活躍を期待したい。



コンスタンティノス・スタフィリディス

Konstantinos Stafylidis

f:id:upar0108:20200801015158j:plain

ポジション:LB, LWB / 背番号:5
1993年12月2日 生まれ (26歳)
身長:178cm / 利き足:左足
国籍:🇬🇷ギリシャ (代表:31試合 / キャプテン)
前所属:FCアウクスブルク (ドイツ)
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:7試合 1得点 0アシスト
TSG通算:7試合 1得点 0アシスト

SNS
https://instagram.com/stafylidis_kwstas?igshid=cmtc89rt5y8h
Stafy (@konstantinosstafy) | TikTok


攻守にバランスの取れたギリシャ代表LB。

昨夏加入したギリシャ代表選手のスタフィリディス。ドルトムントに移籍したシュルツの後釜候補として加入したが、前監督の構想には入っておらず、レギュラー定着どころかゲームに絡む事がほとんどできなかった。攻撃も守備も及第点は貰える程度のプレーをする選手で、昨季の第18節フランクフルト戦で見せたように強烈なミドルシュートを放つこともできる。昨季終了後はクラブとお互いの将来について話し合いの機会が持たれた上に、この夏は具体的にクラブ名も浮上するレベルで移籍も噂されていたが、現状はチームに留まっている。へーネス監督の下、今季はゲームに多く絡み、レギュラー確保へ"リスタート"のシーズンになる。



ホーヴァル・ノルトヴェイト

Håvard Nordtveit

f:id:upar0108:20200801015207j:plain

ポジション:CB, DM / 背番号:6
1990年6月21日 生まれ (30歳)
身長:188cm / 利き足:右足
国籍:🇳🇴ノルウェー (代表:52試合)
前所属:フラムFC (イングランド)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:12試合 0得点 1アシスト
TSG通算:46試合 1得点 2アシスト

SNS
https://instagram.com/nordtveit?igshid=9cpnnpzbbjqy


勝負所で魅せる守備のオールラウンダー。

守備のオールラウンダーも在籍4年目を迎える。昨季開幕前には、現地ファンから給与と稼働率が釣り合わないことに加え、年齢も考慮した上での"不要論"が挙がったが、チームが危機に瀕した際にはしっかりと戦力となった。主にCBでの出場が多いが、最終ラインの枚数に関係なく与えられた仕事をそつなくこなす。今季は昨季最終節のドルトムント戦で右足を骨折してしまったためリハビリから始まるシーズンになるが、国内だけでなくヨーロッパのコンペティションと並行して戦う今季は多くの経験を積んできたベテランの力が必要になるだろう。



カシム・アダムス

Kassim Adams

f:id:upar0108:20200801125032j:plain

ポジション:CB / 背番号:15
1995年6月22日 生まれ (25歳)
身長:190cm / 利き足:右足
国籍:🇬🇭ガーナ (代表:8試合)
前所属:フォルトゥナ・デュッセルドルフ (ドイツ)
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:15試合 2得点 0アシスト (F95)
TSG通算:16試合 0得点 1アシスト

SNS
Kasim Nuhu Adams (@KassimAdams24) | Twitter
https://instagram.com/adamskassim24?igshid=yhf80j440bnk


ヘディングに自信。ブンデスで経験を積んだCB。

昨季はフォルトゥナ・デュッセルドルフにローン移籍していたアダムス。ヨーロッパのカップ戦が無いことに加え、前監督のシュロイダー氏の構想外になってしまいローン移籍に。昨季は序盤からスタメンで出場する事が多く、セットプレーから自慢のヘディングでブンデスリーガ初得点を記録した。また、課題であったビルドアップも自身でボールを持ち運んだり丁寧にパスを繋ぐシーンも見られ成長を感じさせた。しかし、ケガもあり公式戦15試合の出場に留まってしまい、チームも降格と悔しい経験をした1年だった。そして迎える今季は心機一転、見た目のイメージチェンジを敢行。ヘアスタイルはドレッドヘアから坊主に変更して、ヒゲを多く蓄えた。連戦続きの今季をシーズンの最後まで戦力として戦い抜いてほしいガーナ代表選手だ。



ライアン・セセニョン

Ryan Sessegnon

f:id:upar0108:20201005184645j:plain

10月5日にトッテナムからローンでの加入が発表。

ポジション:LB, LWB, LM, LW / 背番号:17
2000年5月18日 生まれ (20歳)
身長:178cm / 利き足:左足
国籍:🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド (U21代表)
前所属:トッテナム・ホットスパー (イングランド)
契約期限:2021年6月30日 (ローン)
昨季の成績:12試合 1得点 1アシスト (🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿トッテナム)
TSG通算:出場なし

SNS
Ryan Sessegnon (@RyanSessegnon) | Twitter
https://instagram.com/ryansess?igshid=qo6unrfs3x6c


デッドラインデーに加入。飛躍の礎を築けるか。

移籍市場のデッドラインデーとなる10月5日に、イングランドの強豪・トッテナムからローン移籍での加入が発表されたセセニョン。昨年の夏にトッテナムが€27mの金額を出して獲得し、本人もU21イングランド代表に招集されている将来が楽しみな逸材。加入時点で、TSGにはLWBにはスコフとスタフィリディスがいるが、後者は手術を要するケガを負い長期離脱しているため試合経験は多く積めるだろう。映像を見る限り彼の強みはスピード。攻撃ではドリブルでサイドを切り裂き、クロスやシュートでチームに貢献。守備では最後の最後に足を出して相手の攻撃を止めるプレーを得意とする。過去にビッグクラブからローンでTSGに加入した選手の多くは現在トップクラスで活躍中。そんな先輩たちに続くべく、今季はTSGで経験を積み飛躍の礎を築きたい。



ベンヤミンヒュブナー

Benjamin Hübner

f:id:upar0108:20200801015227j:plain

ポジション:CB / 背番号:21 / キャプテン
1989年7月4日 生まれ (31歳)
身長:193cm / 利き足:左足
国籍:🇩🇪ドイツ
前所属:FCインゴルシュタット (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:27試合 1得点 4アシスト
TSG通算:96試合 8得点 12アシスト


チームで1番熱く戦う"ファイター"。

チームのキャプテンであり、DFリーダーであるヒュブナー。球際は激しいものの正確なタックルでピンチの芽を摘み、得意のヘディングでセットプレーでは得点を奪う。また、チームで最も"熱い男"であり、誰よりも気持ちを前面に押し出したプレーを披露するためカードを貰いがちではあるが、見ているこちらまで熱くさせてくれる。そんな彼の父はフランクフルトでSDを務めるブルーノ氏である事は有名であるが、実はウニオンでプレーするフロリアンは彼の弟である。昨季のウニオンとの対戦では2戦ともクリーンシートに貢献して兄の姿を弟に見せつけた。今季もキャプテンとして、DFリーダーとして自らのプレーでチームを引っ張る。



ケビン・フォクト

Kevin Vogt

f:id:upar0108:20200801015240j:plain

ポジション:CB, DM / 背番号:22
1991年9月23日 生まれ (29歳)
身長:194cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ
前所属:SVヴェルダー・ブレーメン (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:12試合 0得点 0アシスト (TSG)
      16試合 0得点 0アシスト (SVW)
TSG通算:119試合 0得点 1アシスト


ローン移籍から復帰。再び地位を確立させたい。

ユリアン・ナーゲルスマン元監督(現:ライプツィヒ)によるCBへのコンバートで注目を集めたフォクト。しかし、昨季はシュロイダー前監督といい関係を築くことができず、出場機会が限られ後半戦はブレーメンにローン移籍となった。ローン移籍後は累積警告による出場停止とケガで欠場した数試合を除く全ての試合に出場して、降格の危機に瀕していた"北の名門"の残留に貢献した。ブレーメン側は完全移籍での獲得を希望したが、TSGが提示した金額を支払う事はできず頓挫した模様。長短のパスを正確に供給してチームの攻撃の組み立てを担うフォクト。今季はパスを繋ぐサッカーを嗜好するへーネス新監督の下、再び地位を確立できるだろうか。



ケビン・アクポグマ

Kevin Akpoguma

f:id:upar0108:20200801015249j:plain

ポジション:CB / 背番号:25
1995年4月19日 生まれ (25歳)
身長:192cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ
前所属:ハノーファー96 (ドイツ)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:19試合 0得点 0アシスト
TSG通算:52試合 0得点 1アシスト

SNS
https://instagram.com/kevin.akpoguma?igshid=1i1x9ljfw22yn


信頼を勝ち取り契約延長。陽気なCB。

秘めたるポテンシャルは高いものがあるアクポグマ。昨季はヒュブナーの相方を固定できずに苦しんだチームにおいて、一時期素晴らしいパフォーマンスを披露して前監督の信頼を勝ち取り契約延長に至った。しかし、新型コロナによる中断明け初戦で全失点に絡んでしまう低調なパフォーマンスを披露して以降は、結局ベンチを温める形でシーズンを終えた。ナイジェリアにルーツを持つため、アフリカの選手のように身体能力が高いアクポグマ。毎年「あと少し」という壁を越えられずに苦しむ彼は、新監督の下で一皮むけることができるだろうか。



メライロ・ボハルデ

Melayro Bogarde

f:id:upar0108:20200817004849j:plain

ポジション:CB, DM, RB / 背番号:32
2002年5月28日 生まれ (18歳)
身長:184cm / 利き足:右足
国籍:🇳🇱オランダ (U18代表)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム U19
契約期限:2021年6月30日
昨季の成績:2試合 0得点 0アシスト
TSG通算:2試合 0得点 0アシスト

SNS
Melayro Bogarde (@MelayroBogarde) | Twitter
https://instagram.com/melayroo_?igshid=wzg0277aaufx


昨季デビューした才能溢れる有望株。

今季からトップチームの一員としてプレーするボハルデ。前監督であるシュロイダー氏のツテでフェイエノールトからTSGに加わった彼は、昨季U19所属ながらオランダ人選手最年少となる18歳2日でのブンデスリーガデビューを果たした。この夏には多くのビッグクラブが獲得を狙っていると噂されていたのも当然の話で、18歳という年齢ではかなりの完成度のある選手。元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデを父に持つ彼はスピードがあり、球際で激しく戦いチームのピンチの芽を摘む。また、攻撃面でも長短のパスを正確に繋ぐ事ができ、ボールを運ぶ事もできる。そんな彼は今季は飛躍的に出場数を増やす事は確実だろう。TSGが誇る才能溢れる有望株に注目だ。



ステファン・ポッシュ

Stefan Posch

f:id:upar0108:20200710234654j:plain

ポジション:CB, RB / 背番号:38
1997年5月14日 生まれ (23歳)
身長:188cm / 利き足:右足
国籍:🇦🇹オーストリア (代表:6試合)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム U19
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:30試合 0得点 1アシスト
TSG通算:63試合 0得点 1アシスト

SNS
https://instagram.com/stefanposxx?igshid=1rw78jj2gpj3n


成功と失敗を繰り返して。成長続ける若きDF。

昨季、大きく飛躍したオーストリア代表DF。プロ選手として3年目のシーズンとなった昨季は安定したパフォーマンスを披露し、ブンデスリーガ通算50試合出場を達成。終盤戦はヒュブナーの相方として相手の攻撃に立ちはだかり守備に安定感をもたらした。強烈な個人技を持つドリブラーとの1対1には課題を残すが、球際の激しさや危険を察知して身を呈して守備をする姿は様になってきている。また、昨年はA代表デビューを果たし、A代表に定着しただけでなく初ゴールも記録。さらに、この一連の活躍が認められ、オフシーズンには彼の故郷であるオーストリアのクラウバトから名誉市民権を授与された。今季はさらに成長してディフェンスリーダーを目指す。



《MF》

デニス・ガイガー

Dennis Geiger

f:id:upar0108:20200801124742j:plain

ポジション:CM, DM, AM / 背番号:8
1998年6月10日 生まれ (22歳)
身長:172cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ (U21代表)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム U19
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:23試合 0得点 3アシスト
TSG通算:55試合 2得点 6アシスト

SNS
https://instagram.com/dennisg98?igshid=160zn8gdaxcck


アグレッシブに戦う小さな巨人

TSGアカデミー出身のガイガー。17/18シーズンに現在ライプツィヒで監督を務めるユリアン・ナーゲルスマンにその才能を見出されブレイクを果たした。ここ2シーズンはケガやライバルの出現によってゲームに絡めない悔しい日々を過ごしているだけに、今季に懸ける思いは人一倍強いはず。攻守に渡ってアグレッシブに戦うスタイルのガイガーは、守備では小さな体で果敢にタックルを仕掛けてボールを奪い、攻撃では積極的にゴール前に顔を出してシュートを放つ。また、セットプレーではキッカーを務める時も。昨季はそのセットプレーから3アシストを記録した。今季はライバルが多々いるが、レギュラー争いを制して再ブレイクを狙う。



ロリアン・グリリッチュ

Florian Grillitsch

f:id:upar0108:20200710234412j:plain

ポジション:DM, CM / 背番号:11
1995年8月7日 生まれ (25歳)
身長:187cm / 利き足:右足
国籍:🇦🇹オーストリア (代表:15試合)
前所属:SVヴェルダー・ブレーメン (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:34試合 1得点 3アシスト
TSG通算:99試合 4得点 9アシスト

SNS
https://instagram.com/floriangrillitsch?igshid=1buhz3a2921rx


TSGを支える縁の下の力持ち。

TSGで4シーズン目を迎えたグリリッチュ。オーストリア代表では背番号10を背負う才能の持ち主でもある。ピッチを縦横無尽に走り回り攻守に献身性のあるプレーを披露する。また、長短の正確なパスを供給することができるため、昨季終盤は3バックの中央でナーゲルスマン時代にフォクトが務めていた役割を担った。TSGは攻撃のチームであるため、やはりその強力な攻撃陣に目が行きがちだが、グリリッチュがいなければ今季のUEL出場は無かったと言っても過言ではない選手。まさに、縁の下の力持ち。へーネス体制となった今季も繰り広げるサッカーを考えると間違いなくチームの核となるグリリッチュ。ステップアップの移籍の噂が度々囁かれているTSGの攻守の要に注目だ。



クリストフ・バウムガルトナー

Christoph Baumgartner

ポジション:AM, LM, LW / 背番号:14
1999年8月1日 生まれ (21歳)
身長:178cm / 利き足:右足
国籍:🇦🇹オーストリア (代表:1試合)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:28試合 7得点 6アシスト
TSG通算:30試合 7得点 6アシスト

SNS
https://instagram.com/baumi_14?igshid=17nn2dfqzx849


昨季大ブレイク。次なる目標はA代表入り。

日に日に成長を続けるバウムガルトナー。ナーゲルスマン元監督に才能を見出され、18/19シーズンの冬にトップ昇格を果たし、そのシーズンにデビューを果たした。昨季は出場数を大幅に伸ばし、一気にチームの中心選手にまで成長を遂げるブレイクを果たした。ボールを持てば得意のドリブルでゴールに向かって行くことができ、また、足下の技術に自信を持っているため、相手の守備を掻き乱す華麗なプレーも彼の持ち味である。彼の母国であるオーストリアが史上初めてU21 EUROに出場した際(2019年開催の大会)の一人であり、昨季のような活躍を続け、コンスタントに出場を重ねる事ができればA代表入りも夢ではない"バウミー"。成長が止まらないTSGが誇る若き才能に今季も期待が高まる。



セバスティアン・ルディ

Sebastian Rudy

f:id:upar0108:20201005233948j:plain

10月5日にシャルケからローン移籍での加入が発表。

ポジション:CM, DM, RB / 背番号:16
1990年2月28日 生まれ (30歳)
身長:180cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ (代表:29試合)
前所属:FC シャルケ 04 (ドイツ)
契約期限:2021年6月30日 (ローン)
昨季の成績:35試合 1得点 3アシスト
TSG通算:247試合 13得点 39アシスト

SNS


再びレジェンドが帰還。慣れ親しんだクラブで欧州へ。

移籍市場のデッドラインデーとなる10月5日に再びローン移籍での加入が発表されたルディ。彼の給与である€6mのうち半分をローン移籍元のシャルケが負担し、もう半分は本人が放棄。また、TSGは最低賃金のみ支払う形での加入となり、TSGとしては得する形でレジェンドを再びチームに加える事となった。昨季は少し衰えが見えたものの、中盤で安定感をもたらすプレーを披露して2季ぶりの欧州カップ戦出場に貢献した。今季はクラブのレジェンドと共に挑む初めての欧州の舞台となるが、彼の経験はグループステージ突破を目指すチームにとって大きな力になる事は間違いなし。長く厳しいシーズンを戦うチームのラストピースがデッドラインデーに埋まった。



ディアディ・サマッセク

Diadie Samassékou

f:id:upar0108:20200805025455j:plain

ポジション:CM, DM / 背番号:18
1996年1月11日 生まれ (24歳)
身長:177cm / 利き足:右足
国籍:🇲🇱マリ (代表:16試合)
前所属:レッドブル・ザルツブルク (オーストリア)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:1試合 0得点 0アシスト (🇦🇹ザルツブルク)
      21試合 0得点 1アシスト (TSG)
TSG通算:21試合 0得点 1アシスト

SNS
Diadie Samassekou (@diadios) | Twitter
https://instagram.com/diadie_samassekou?igshid=vxag7mjaks0a


ボール奪取に長けた中盤の番人。

昨夏、クラブレコードとなる€12mでザルツブルクから加入したサマッセク。序盤はネイションズカップの影響で合流が遅れた事に加えて、ケガもあり移籍金に見合う活躍はできていなかったが、後半戦に入ると生まれ変わったかのようにチームの戦力に。彼の長所であるボール奪取はチームトップクラスで、現地ファンからは「"クライヒガウのカンテ"だ!」と呼ばれた事も。昨季途中に行われたフランスメディアによるインタビューでは、マンチェスター・ユナイテッドのファンであることを公言。いつかはプレミアリーグでのプレーを夢見るマリ代表MFはレギュラー定着を目指す。



ミヤト・ガチノヴィッチ

Mijat Gaćinović

f:id:upar0108:20200804193835j:plain

ポジション:AM, CM, LW / 背番号:20
1995年2月8日 生まれ (25歳)
身長:175cm / 利き足:右足
国籍:🇷🇸セルビア (代表:18試合)
前所属:アイントラハト・フランクフルト (ドイツ)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:36試合 1得点 2アシスト (SGE)
TSG通算:出場なし

SNS
https://instagram.com/mijat10?igshid=997fzizft7s0


トレードで加入。チームに幅を持たせる。

今夏、シュテフェン・ツバーとのトレードでフランクフルトから加入したガチノヴィッチ。ブンデスリーガのファンの方であれば、17/18シーズンのDFBポカール決勝でフランクフルトの優勝を決定づける3点目を奪ったシーンがすぐに思い浮かぶ方も多いのではないだろうか。TSGとしては願ったり叶ったりの補強で、手薄となっていた複数のポジションをこなす事ができる彼の加入はチームの選手起用の幅を広げるだろう。運動量が豊富で、ゴール前にも顔を出す事ができ、前述の通り重要な場面で決定的な仕事ができる強いメンタルの持ち主であるガチノヴィッチ。苦渋の決断の末、長く在籍して愛されていた古巣を去り新天地を選んだ彼の挑戦を心の底から応援していきたい。



イライ・エルムキース

Ilay Elmkies

9月18日にADOデンハーグ(オランダ)へのローン移籍が決定。

ポジション:CM, DM / 背番号:41
2000年3月10日 生まれ (20歳)
身長:172cm / 利き足:右足
国籍:🇮🇱イスラエル (代表:3試合 / U21代表)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:1試合 0得点 0アシスト
TSG通算:1試合 0得点 0アシスト

SNS
https://instagram.com/ilayelmkies_8?igshid=1671kqi6nx3c1


A代表デビュー済み。コンスタントに試合に絡みたい。

昨冬にトップ昇格を果たしたエルムキース。昨季シーズン開幕前の準備段階からトップチームに帯同してプレーしていたが、冬からは正式にトップチームの一員に。その才能は非凡で、TSGでトップデビューを果たす前に彼の母国であるイスラエルA代表デビューを果たしている。また、TSGのU19チームがUEFAユースリーグでベスト4入りを果たした際にチームの中心としてプレーしていた選手で、その中でも現在チームに留まっているのは彼だけである事からクラブが彼に抱く期待も大きい。昨季はトップデビューをようやく果たしたが、途中出場による数分間にとどまった。同胞のダブールに面倒を見てもらっているエルムキースは、過密日程になる今季、多くのゲームに絡んでいき自らの存在感を示したいシーズンを迎えている。



《FW》

ヤコブ・ブルーン・ラーセン

Jacob Bruun Larsen

f:id:upar0108:20200805025310j:plain

ポジション:RM, RW, LM, LW / 背番号:7
1998年9月19日 生まれ (22歳)
身長:183cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇰デンマーク (代表:1試合 / U21代表)
前所属:ボルシア・ドルトムント (ドイツ)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:6試合 0得点 1アシスト(BVB)
      12試合 0得点 1アシスト (TSG)
TSG通算:12試合 0得点 1アシスト

SNS
Jacob Bruun Larsen (@jacobruunlarsen) | Twitter
https://instagram.com/jacobbruunlarsen?igshid=tukz2ui0ltzu


才能開花なるか。若きウィンガーの挑戦。

昨季の冬の移籍市場のデッドラインデーにTSGに加わったラーセン。BVB時代から秘めたる才能は非凡で、2016年のリオ五輪では飛び級デンマーク代表の一員としてプレーしただけでなく、優秀な選手が多く在籍するBVBのアカデミーからトップ昇格を果たした選手である。しかし、トップ昇格後は壁にぶち当たり上手くゲームで活躍する事はできず移籍を選択した。サイドで起点になることができ、シュートも非凡なセンスを持つラーセン。主戦場はウィングだが、プレシーズンの様子を見ていると今季はCFでの出場が増える事が予想される上に、この準備期間の彼を見ていると充実しているように感じる。燻っていた才能が大きく開花する瞬間を見逃すな。



イフラス・べブー

Ihlas Bebou

f:id:upar0108:20200710234007j:plain

ポジション:RW, LW, CF / 背番号:9
1994年4月23日 生まれ (26歳)
身長:183cm / 利き足:右足
国籍:🇹🇬トーゴ (代表:10試合)
前所属:ハノーファー96 (ドイツ)
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:35試合 7得点 5アシスト
TSG通算:35試合 7得点 5アシスト

SNS
Ihlas bebou (@beo__94) | Twitter
https://instagram.com/ihlas?igshid=mo8nr25fhfjw


自慢のスピードで駆け回る快足ウィンガー。

昨夏加入したスピードが自慢のトーゴ国籍のウィンガー。昨季はケガ人が相次いだFW陣の中でただ1人シーズンを通して奮闘。膝の状態と相談しながらではあったが、終わってみれば出場しなかったゲームはたったの2試合で、チームに欠かせない存在となった。前述の通りスピードが武器のべブーは、相手DFを置き去りにしてゴールに迫るのが魅力。昨季の第8節シャルケ戦では彼のスピードを最大限に生かしたカウンター2発で勝ち点3を掴んだのが印象深い。このオフにはかねてよりお付き合いしていたガールフレンドのアミラさんと結婚。新婚の身で挑む今季は、ライバルとなる他のFW陣には無い異次元のスピードを武器にチームに貢献する。



モアネス・ダブール

Munas Dabbur

f:id:upar0108:20200701122026j:plain

ポジション:CF / 背番号:10
1992年5月14日 生まれ (28歳)
身長:182cm / 利き足:右足
国籍:🇮🇱イスラエル (代表:22試合)
前所属:FCセビージャ (スペイン)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:8試合 3得点 2アシスト (セビージャ)
      15試合 6得点 1アシスト (TSG)
TSG通算:15試合 6得点 1アシスト

SNS
https://instagram.com/moanesdabbur?igshid=g9th0z7o850e


TSGで再起を期す実績十分なストライカー。

今年1月にスペインのセビージャからクラブレコードタイとなる€12mで加入したダブール。オーストリアザルツブルクでブレイクし、昨季は満を持してラ・リーガに挑戦したが、カップ戦要員となったために満足のいく出場機会を得ることはできず。冬に出場機会を求めてTSGへと加入した経緯がある。加入後は"いち早く馴染んで活躍してやる"という覚悟が伝わるプレーを披露。ケガもあってリーグ戦初ゴールまでは少し時間を要したが、終盤3試合で3得点と得点力を見せつけた。そんな彼の良さはシュート技術の高さで、特にクロスに点で合わせる技術はチームトップクラス。サッカーゲームFIFAでプロのeスポーツ選手を倒す実力も併せ持つイスラエル代表FWは、クラマリッチら強力攻撃陣とタッグを組んで大暴れする。



イシャク・ベルフォディル

Ishak Belfodil

f:id:upar0108:20200710234145j:plain

ポジション:CF / 背番号:19
1992年1月12日 生まれ (28歳)
身長:191cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇿アルジェリア (代表:17試合)
前所属:SVヴェルダー・ブレーメン (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:5試合 0得点 0アシスト
TSG通算:40試合 17得点 6アシスト

SNS
https://instagram.com/belfodil_ishak_19_?igshid=7yfdq7g1ejm9


昨季はピッチ外でひと悶着。今季は再ブレイクへ。

18/19シーズン最終節のマインツ戦で膝を負傷したのが"ワケあって"長引いてしまい、昨季のほとんどを棒に振ってしまったベルフォディル。この膝のケガの治療法を巡ってピッチ外でクラブとひと悶着。彼は手術を受ける事を希望したが、当初はクラブ側からは手術を受けるなと圧力をかけられ、選手生命を脅かされたとクラブを批判。また、彼がルーツを持つフランスでリハビリを長く続け、新型コロナの影響でドイツに戻ることが出来ず、クラブが彼の状態を把握できない事態にも発展した。それでも昨季終盤に"心変わり"したベルフォディルはクラブハウスを訪れて個別トレーニングを再開して今季を迎える。大柄な見た目からは想像し難い確かな足下の細かい技術に加え、TSGに加入してから開花した得点能力を武器に再ブレイクを狙う。



サルギス・アダムヤン

Sargis Adamyan

ポジション:RW, CF, AM / 背番号:23
1993年5月23日 生まれ (27歳)
身長:184cm / 利き足:右足
国籍:🇦🇲アルメニア (代表:18試合)
前所属:SSVヤーン・レーゲンスブルク (ドイツ)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:16試合 6得点 2アシスト
TSG通算:16試合 6得点 2アシスト

SNS
https://instagram.com/sargis_adamyan?igshid=n32l5y9dh4li


ドイツ中を驚かせた"成り上がり"男。

昨季レーゲンスブルクから加入したアダムヤン。数年前はドイツ4部相当にあたるアマチュアクラブでプレーしていた彼は、昨季遂にドイツ1部の舞台に辿り着いた。それだけで終わらなかった彼のシンデレラストーリー。第7節のバイエルン戦で2ゴールを挙げてチームの王者撃破に貢献。誰も知らない無名のストライカーがドイツ中を驚かせた瞬間だった。そんな彼はスーパーサブとしてチームに貢献。リーグ戦5得点のうち3得点は途中出場からで、少ない出場時間でも確実にゴールを奪う様はまさに"必殺仕事人"。その後、第20節のレバークーゼン戦で足首を負傷してそのままシーズンアウトとなってしまったが、7月下旬にボールを使った練習を開始して既に実戦復帰済み。今季もシンデレラストーリーの続きを見せてくれるだろう。



アンドレイ・クラマリッチ

Andrej Kramarić

f:id:upar0108:20200710232618j:plain

ポジション:CF, AM, LW / 背番号:27
1991年6月19日 生まれ (29歳)
身長:177cm / 利き足:右足
国籍:🇭🇷クロアチア (代表:47試合)
前所属:レスター・シティFC (イングランド)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:20試合 12得点 4アシスト
TSG通算:150試合 70得点 30アシスト

SNS
https://instagram.com/andrejkramaric?igshid=c6tjo0ing1ko


名実ともにチームの大エース。

チームのエースストライカーであるクラマリッチ。18/19シーズンにTSG所属選手のブンデスリーガ通算最多得点記録を更新してクラブ史上最高のストライカーとなっただけでなく、昨季も2桁得点を記録して4シーズン連続リーグ戦2桁得点を達成した。昨季の最終節に見せたノールックPKの印象が強い方も多いかと思うが、彼はPKを得意としていて失敗したシーンをほとんど見たことが無い。また、得点感覚はチーム内でトップクラスで、柔軟に複数のポジションをこなせるポリバレントな一面も持ち合わせる。今季はへーネス新監督の下、トップ下での起用が多くなる事が確実で、ボールサイドに多く顔を出して攻撃を流動化させる活躍が期待される。名実ともにチームの大エースとなった彼の新たなポジションでの活躍に注目だ。



ロバート・スコフ

Robert Skov

ポジション:RW, RM, LB, LWB / 背番号:29
1996年5月20日 生まれ (24歳)
身長:185cm / 利き足:左足
国籍:🇩🇰デンマーク (代表:5試合)
前所属:FCコペンハーゲン (デンマーク)
契約期限:2024年6月30日
昨季の成績:3試合 1得点 0アシスト (コペンハーゲン)
      33試合 4得点 9アシスト (TSG)
TSG通算:33試合 4得点 9アシスト

SNS
https://instagram.com/robertskov?igshid=1c1xashwrvgj4


魔法の左足。多様なキックでチームに貢献。

昨夏コペンハーゲンから加入したスコフ。デンマークリーグ得点王という肩書きを引っ提げて加入したが、攻撃的なポジションでは上手くいかず、彼が輝いたのはLBのポジションだった。当初は守備に苦戦していたが、ゲームを重ねるごとに改善されてLBとして定着。今季からは本格的にLBとしてプレーすると本人は覚悟を決めた模様。彼の魅力は多様なボールを蹴る事ができる左足。強弱をつけられる事はもちろん、プレースキッカーも任されるほど精度の高いボールを蹴る事ができ、昨季の第10節 パーダーボルン戦で決めた中距離の直接FKは彼のキックのレベルの高さを見ることができる最高のゴールだった。監督が代わった今季もLBとして定着して、攻守に渡って左サイドを制圧する。



ジョアン・クラウス

João Klauss

f:id:upar0108:20200805023342j:plain

ポジション:CF / 背番号:33
1997年3月1日 生まれ (23歳)
身長:190cm / 利き足:右足
国籍:🇧🇷ブラジル
前所属:LASKリンツ (オーストリア)
契約期限:2022年6月30日
昨季の成績:45試合 20得点 4アシスト (LASK)
TSG通算:出場なし

SNS
https://instagram.com/joaoklauss07?igshid=1nre0uu2gh92a


武者修行から帰還。期待のブラジル人FW。

今季オーストリアでの2年間の武者修行から復帰した大型FW。ローン開始時はセカンドチーム所属だったが、活躍と成長が認められて復帰後はトップチーム所属となった。190cmの長身を武器にした高さを生かしたプレーだけでなく、両足から放たれる強烈なシュートが持ち味の選手。ローン移籍先のLASKではUELにも出場して国際経験を得た。過去にTSGで活躍したブラジル人FWと言えばロベルト・フィルミーノ(現:リヴァプール)とジョエリントン(現:ニューカッスル)が挙げられるが、どちらかと言えば彼は後者のプレースタイルに近く、ローン移籍での武者修行から復帰というルートも後者と同じルートを辿っている。期待のブラジル人FWは偉大な先輩たちに続きブレイクを果たし、その名を世界に轟かせることができるだろうか。



マキシミリアン・バイアー

Maximilian Beier

f:id:upar0108:20200817005005j:plain

ポジション:CF, RW / 背番号:35
2002年10月17日 生まれ (17歳)
身長:183cm / 利き足:右足
国籍:🇩🇪ドイツ (U18代表)
前所属:TSG 1899 ホッフェンハイム U19
契約期限:2023年6月30日
昨季の成績:6試合 0得点 0アシスト
TSG通算:6試合 0得点 0アシスト


TSGアカデミー最高傑作の点取り屋。

今季からトップ昇格を果たしたバイアー。17歳にして飛び級でU19所属だった昨季、第21節フライブルク戦でトップデビューを果たし、これまでニクラス・ズーレ(現:バイエルン)が持っていた17歳248日のクラブ史上最年少デビュー記録を更新した。(バイアーは17歳112日) 彼はドイツ版レヴァンドフスキになれる素質があると言われるほど総合力の高いストライカーで、TSGアカデミー最高傑作との呼び声も高い選手。昨季は度々ゴールに迫るシーンがあったが、惜しくも初ゴールは今季以降にお預けとなった。このオフに半月板の手術を行ったが既に実戦復帰済み。TSGの未来のエースストライカーに注目だ。




今季の展望

セバスティアン・へーネス監督が率いる今季のチームの基本フォーメーションは、中盤がダイヤモンド型の4-4-2になります。このフォーメーションにテストマッチでの起用法を参考に当てはめると以下のようになります。


f:id:upar0108:20200903011803j:plain


ケガで出遅れているノルトヴェイトは推測になりますが、基本的にはこのような形になると予想されます。


テストマッチを見ていると、へーネス監督が嗜好するパスを繋いでいくサッカーで今季からは戦っていく模様。攻撃時はアンカーがCB間に下りてきて、アンカー脇の選手が1人サポートに来る形を取ります。


f:id:upar0108:20200903012327p:plain
ひとつの例。最終ラインにボールがある時に、ガイガーがビルドアップに関与する場合の様子。


SBにボールを入れて、受けたSBがドリブルで運んでいく。また、CBとアンカーから縦パスを入れ、そこから少ないタッチ数でペナルティエリアの角付近を崩してというシーンが見られました。昨季はパスサッカーをやろうとしていましたが、正直のところ持たされている感じが強くて崩し切るところまでいけませんでした。ですが、今季はへーネス監督がポジショニングであったり、狙いをしっかり持って選手たちにしっかり伝えているんだなと感じる事ができました。


守備時は4-3-3の形を取ります。前線はトップ下が中央に位置して、トップの選手がサイドに開く形になります。素早くプレスをかけて、球際を激しく戦ってボールを奪おうという狙いをテストマッチで見ることができました。また、今季は最終ラインを比較的高く設定しています。そのため、DFラインの背後を頻繁に狙われて決定機を作られていたという当初の課題も、最後のテストマッチとなったマインツ戦では修正されていました。


テストマッチを重ねるごとにチームの成熟度は上がっていると感じますし、へーネス監督がやろうとしているサッカーをしっかりと体言できるようになったら国内外問わずどのステージまで進む事ができるのか期待感は膨らむばかりです。




おわりに

ここまで2020/21シーズンを戦うTSGホッフェンハイムの選手を紹介してきました。書きたいことがたくさんあって、気づいたらかなりの量になってしまいました…。笑


この文章を読んで下さっているという事は、全ての選手について目を通して下さったという事ですよね。長い選手紹介を全て読んでいただき本当にありがとうございます。感謝しかありません。(最後にチームの戦術に触れた部分については、現在進行形で戦術について勉強中なので細かい事は勘弁してください。笑)


さて、今季のホッフェンハイムはへーネス新監督の下、ブンデスリーガDFBポカールだけでなく、UEFAヨーロッパリーグにも参戦します。開幕後の主な日程をまとめてみました。



《今季の主な日程》
・9月11日〜14日 DFBポカール1回戦
 🇩🇪 / 🇯🇵
 vs. ケムニッツァーFC (4部 / A)

・9月19日 ブンデスリーガ第1節
 🇩🇪15:30 / 🇯🇵22:30
 vs. ケルン (A)

・9月27日 ブンデスリーガ第2節 (ホーム開幕)
 🇩🇪15:30 / 🇯🇵22:30
 vs. バイエルン・ミュンヘン (H)

・10月2日 UEL グループステージ抽選会

・10月22日 (現地) UEL グループステージ第1節



このような日程になっています。2シーズンぶりのヨーロッパの舞台に筆者は既に心躍っていますが、過密日程に加え新体制という事で難しいシーズンになる事は覚悟しています。ただ、前述の通り、同時に目的を明確に持って準備を進める事ができていると伝わっているので期待感もあります。


選手の入れ替わりも少なく、過去数年を振り返っても今季ほど戦力が整っているシーズンは無いと筆者が感じているだけにへーネス新監督の下どれだけの結果を出せるのか、ぜひ注目していただきたいと思っています。


今シーズンも1年間よろしくお願いします!




けれむ



P.S.
過去2度戦ったヨーロッパの舞台では苦戦しているTSGですが、ぜひ、ブンデスリーガファンの皆さんには応援していただきたいです!
よろしくお願いします!笑