けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

3季ぶりの勝利へ!UEFAヨーロッパリーグ グループL 第1節 vs.ツルヴェナ・ズヴェズダ

みなさん、こんにちは。
けれむです。


今週からいよいよUEFAヨーロッパリーグのグループステージが幕を開けます。ホッフェンハイムの初戦はホームでセルビアツルヴェナ・ズヴェズダと対戦します。


f:id:upar0108:20201020192054j:plain
ホッフェンハイムは17/18シーズンにUELに出場。




試合データ

2020年10月22日(木)
🇩🇪21:00 / 🇯🇵28:00(翌 4:00) キックオフ
UEFAヨーロッパリーグ グループL 第1節
ホッフェンハイム vs. ツルヴェナ・ズヴェズダ (セルビア)
ハッシュタグ:#TSGCZV
会場:PreZeroアレーナ


《放送》
なし



《主審》
アレハンドロ・ホセ・エルナンデスエルナンデス (スペイン)


両チーム共に初担当の37歳。今季の国際試合はUEL予選とUEFAネイションズリーグをそれぞれ1試合ずつ担当していて、TSGのダブールはネイションズリーグの試合で彼のレフェリングを経験しています。昨季はスペイン屈指の好カードであるエル・クラシコを担当した経験を持ちますが、今季は4試合で17枚のイエローカードとカードをやや多く出す傾向にあります。



《オッズ》 (bwin)
ホッフェンハイム勝利:1.48
引き分け:4.50
ツルヴェナ・ズヴェズダ勝利:6.50



《過去の対戦成績》
なし



《トピックス》
唯一の勝利はホームゲーム。
ホッフェンハイムは過去に2度ヨーロッパのコンペティションに出場していますが、僅かに1勝しかしていません。17/18シーズンに出場したUELで、今季はUCLに出場しているトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルに3-1で勝利したゲームのみです。グループステージ突破という目標のためにもホームで勝ち点を多く稼ぎたいホッフェンハイムとしては、過去に唯一の勝利を掴んだホームでの開催を好材料にヨーロッパでの2勝目を掴みたいところです。


今季初のホームで無観客試合
ホッフェンハイムとしては今季3試合目のホームゲームとなる今回のゲームですが、新型コロナウイルスの感染者が急増しているとして無観客で行われる事になりました。今季に入ってからPreZeroアレーナで観客を入れずに行う試合は今回が初めてで、これまでは最大6030人の観客を入れてゲームが開催されていました。




3季ぶりの勝利へ!

常連、伝統、新鋭ひしめくグループLの初戦。

ついにUEFAヨーロッパリーグのグループステージが開幕します。ホッフェンハイムはグループLに入り、初戦はセルビアツルヴェナ・ズヴェズダと対戦します。このグループには他にベルギーの強豪でヨーロッパの舞台でも常連のヘントと、チェコの伝統的なクラブであるスロヴァン・リベレツが同居しています。ヨーロッパの舞台では新鋭クラブにあたるホッフェンハイムですが、こうしたヨーロッパでも一定の実績を持つクラブとグループステージ突破を賭けて戦います。


コロナで苦境もホームで勝利を。

先週末のゲームはドルトムントに惜敗したホッフェンハイム。インターナショナルマッチウィークによる疲労の考慮と、新型コロナウイルスの感染者がいた事でメンバーを入れ替えてのゲームでしたが、悔しい結果になりました。今回のゲームも新型コロナウイルスに感染したクラマリッチとアダムスの欠場は決定的であるため、彼らなしでのゲームプランを考えなければなりません。しかし、代表帰りの主力選手の多くはスタメン回避で出場時間をコントロールする形をとったため、このゲームに向けて準備は整っています。また、既に報告されている事の他に新型コロナウイルスの陽性者は出ていないという好材料があります。そんなホッフェンハイムですが、今大会は2季ぶりのヨーロッパ出場になりますが、最後のヨーロッパでの勝利は初めてヨーロッパの舞台に立った17/18シーズンまで遡ります。その勝利を挙げたホームで今回も勝利を挙げて、目標とするグループステージ突破に向けて最初の一歩を踏み出したいところです。


f:id:upar0108:20201022131456j:plain
今節も出場が期待されるセセニョン。


アウェイチームも"コロナ"に苦しむ。

UEFAチャンピオンズリーグの予選で敗れてUELに回る事になったツルヴェナ・ズヴェズダセルビア屈指の強豪クラブであり、近年はUCL本戦にてグループ突破こそできていないものの、欧州5大リーグのトップクラブを苦しめる戦いを見せているクラブです。そんなツルヴェナ・ズヴェズダですが、こちらも新型コロナウイルスの影響を受けているようです。ドイツのkicker紙によると、先週末にはミルコ・イヴァニッチに陽性反応が出ていましたが、インターナショナルマッチウィークを終えてガボン代表からチームに戻ってきたゲロール・カンガも陽性反応があった模様。チームの主力クラスの選手抜きでUEL初戦を迎えなければならない厳しい状況に立たされています。先週末はライバルのパルチザン・ベオグラードとのダービーを戦い、退場者を出しながらも1-1の引き分けで終えて、リーグの独走態勢をキープしてこの試合を迎えています。




プレスカンファレンス

セバスティアン・へーネス 監督
今節のスカッドについて。
スカッドについていくつか悩みの種があります。ノルトヴェイトは今日初めてフルでチームトレーニングセッションを受ける事ができました。ヒュブナーは改善されていますが、残念ながら我々が期待していたほど早期の復帰にはなっていません。彼はまだ残りのチームトレーニングに参加できません。我々はチームの負荷を管理しなければなりません。それがコーチングスタッフとしての責任です。」


ツルヴェナ・ズヴェズダについて。
「我々は映像を通して相手を分析しました。ベオグラードは強いチームです。彼らは誇り高き歴史を持っていて、過去数年間でチャンピオンズリーグヨーロッパリーグを行き来しています。(今回の試合は)簡単ではありません。彼らはヨーロッパのコンペティションで豊富な経験を持っています。我々はそのための準備が必要です。しかし、我々は自分たちの強みを発揮して、グループで我々の爪痕を残せる事を示したいと思っています。」


ヨーロッパリーグに気持ちが高ぶる。
「本当にドキドキする気持ちです。僕にとって、チームにとって、そしてクラブ全体にとって特別な経験です。ツルヴェナ・ズヴェズダは良い最初の対戦相手です。我々は試合に向けてワクワクしています。ノックアウトステージに到達するという我々の大きな目標のために、明日の勝利はとても重要です。」


無観客での開催について。
「ファンがいないという事は、我々に大きな影響を与えます。バイエルンとの試合は少しのファンでもどれだけの違いを生み出す事ができるかを明らかにしました。しかし、我々はそれを受け入れて、それに拘らずできる限りの最善を尽くす必要があります。」



オリバー・バウマン
ヨーロッパのコンペティションについて。
「ヨーロッパでプレーする事は、サッカー選手としてできる最高の事の1つです。1年ぶりに再び戦う事ができることを楽しみにしていますし、以前のシーズンよりも自分たち自身をより良く示したいと思っています。明日が待ち遠しいですし、クラブ史上初めてグループステージを突破する決意を持っています。」


新型コロナウイルスの症例が増加している事について。
「我々はみんな注意しなければなりません。数が再び増加しています。我々はみんな変化に順応して、ゲームが始まればサッカーに完全に集中する必要があります。明らかに、スタジアムで試合を生観戦するファンがいない事は素晴らしい事ではありません。しかし、それでもプレーを続ける事ができて幸せであるはずです。」




予想スタメン

今節の予想スタメンは、kickerにて記載が無かったため筆者の考えでホッフェンハイムのみ書かせていただきます。

f:id:upar0108:20201022152334p:plain

GK: バウマン
DF: ポッシュ / フォクト / アクポグマ / スコフ
MF: ルディ / サマッセク / グリリッチュ
FW: べブー / ダブール / バウムガルトナー


今節も新型コロナに感染したクラマリッチとアダムス、カデジャーベクが出場できないため先週末のゲームで採用したシステムをベースに考えました。最終ラインは変わらないと予想しましたが、LBはセセニョンの可能性もあると思います。中盤の3枚にはガイガーやバウムガルトナー、ガチノヴィッチも入る可能性があると思いますが、前節は終盤に少しプレーしただけのグリリッチュと、前節はフルでプレーしたものの安定感のあるルディとサマッセクを予想しました。前線は中央にダブールが入るのは先週末の起用法を見ると確実で、両ウィングに誰が起用されるかがひとつポイントになると思います。ブルーン・ラーセン、セセニョン、ベルフォディルなどオプションをいくつかへーネス監督は持っています。




おわりに

ここまでツルヴェナ・ズヴェズダ戦のプレビューを書いてきました。ケガ人に加えてコロナの感染者もいる中でのヨーロッパリーグ初戦となります。難しいゲームになると予想されますが、チームの目標であるグループステージ突破に向けて頑張ってほしいですね!


今季のUELに向けてまとめ記事も以前に書いてるので、ぜひこちらも併せて読んでみてください!
3度目の欧州挑戦。 - けれむのブログ


Auf geht's Hoffe!!!



けれむ