けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

GS突破に王手!UEFAヨーロッパリーグ グループL 第3節 5-0 スロヴァン・リベレツ

みなさん、こんにちは。
けれむです。


長かった連戦も佳境を迎えていますが、今節のUELは大量得点で素晴らしい勝利を収めました。これでGS突破に王手をかけました!


f:id:upar0108:20201107002730j:plain
素晴らしいゴールショーを見せて、目標のグループステージ突破まであと一歩に迫った。




試合データ

2020年11月5日(木)
🇩🇪21:00 / 🇯🇵29:00 (翌 5:00) キックオフ
UEFAヨーロッパリーグ グループL 第3節
ホッフェンハイム 5-0 スロヴァン・リベレツ (チェコ)
会場:PreZeroアレーナ


《ハイライト》
https://www.uefa.com/uefaeuropaleague/video/highlights/0263-10c8d43adab4-30d2ed1d650f-1000–highlights-hoffenheim-5-0-liberec/



《得点者》
22' ダブール (TSG / 1-0)
30' ダブール (TSG / 2-0)
59' グリリッチュ (TSG / 3-0)
71' アダムヤン (TSG / 4-0)
76' アダムヤン (TSG / 5-0)



《スタッツ》
シュート数 (枠内)
ホッフェンハイム:24本 (11本)
リベレツ:3本 (1本)

パス数 (成功)
ホッフェンハイム:776本 (700本) / 成功率: 90%
リベレツ:199本 (105本) / 成功率: 53%

ポゼッション
ホッフェンハイム:79% / リベレツ:21%

ファウル (オフサイド)
ホッフェンハイム:8回 (4回)
リベレツ:6回 (4回)

コーナーキック
ホッフェンハイム:4本
リベレツ:1本

※ SofaScoreより。




今節のメンバー

今節のメンバーは以下の通りでした。

ホッフェンハイム

f:id:upar0108:20201106225225p:plain


《スタメン》 System: 3-1-4-2
[GK]
バウマン (kicker採点: 3.0)

[DF]
ボハルデ (kicker採点: 3.5 / 36' 警告)
フォクト (kicker採点: 2.5 / 46' Out)
アクポグマ (kicker採点: 3.0 / 61' Out)

[MF]
ルディ (kicker採点: 2.5 / 46' Out)
べブー (kicker採点: 3.0)
ガチノヴィッチ (kicker採点: 3.0)
バウムガルトナー (kicker採点: 2.5 / 73' Out / 1A)
スコフ (kicker採点: 2.5 / 2A)

[FW]
ダブール (kicker採点: 2.0 / 61' Out / 2G)
クラウス (kicker採点: 4.0)


《サブ》
ペントケ
ノルトヴェイト (kicker採点: - / 61' In)
ブルーン・ラーセン
グリリッチュ (kicker採点: 2.5 / 46' In / 1G)
セセニョン
サマッセク (kicker採点: 2.5 / 46' In / 1A)
ベルフォディル (kicker採点: - / 73' In / 1A)
アダムヤン (kicker採点: - / 61' In / 2G)
ジョン


スロヴァン・リベレツ

f:id:upar0108:20201106231043j:plain


《スタメン》 System: 5-4-1
[GK]
Hasalik (kicker採点: 5.0)

[DF]
Koscelnik (kicker採点: 5.0 / 52' 警告)
ミクラ (kicker採点: 5.0)
ガチャラバ (kicker採点: 5.0)
Pourzitidis (kicker採点: 5.0 / 28' 警告)
コセク (kicker採点: 5.0 / 90'+2 Out)

[MF]
カンコラ (kicker採点: 5.0 / 90'+2 Out)
Nesicky (kicker採点: 4.5 / 90'+2 Out)
フロマダ (kicker採点: 5.0 / 77' Out)
マラ (kicker採点: 3.5)

[FW]
Rondic (kicker採点: 5.0 / 67' Out)


《サブ》
Pesl
Kazda (kicker採点: - / 90'+2 In)
ドヴォジャーク (kicker採点: - / 77' In)
Csano (kicker採点: - / 67' In)
Cernicky (kicker採点: - / 90'+2 In)
ミハル (kicker採点: - / 90'+2 In)




GS突破に王手!

戦評

UELのグループステージももう第3節。折り返しとなる今節はホッフェンハイムがホームにチェコのスロヴァン・リベレツを迎えた。序盤からゲームの主導権を握ったのはホッフェンハイム。自陣でブロックを組んで待ち構えるスロヴァン・リベレツに度々襲いかかる展開。均衡を破ったのは22分、ダブールが決めて先制に成功する。30分にはエリア付近でFKを獲得。スコフのボールにダブールが合わせて追加点。その後も攻め続けるもゴールは奪えず、ホッフェンハイムが2点リードで折り返す。


後半も変わらずホッフェンハイムが主導権を握ってゲームを進める。59分、ゴール前の混戦から途中出場のグリリッチュがミドルシュートを沈めて3点目を奪う。止まらないホッフェンハイムは71分、こちらも途中出場のアダムヤンが決めて4点目。さらに76分にも左からのクロスをベルフォディルが頭で逸らし、最後は再びアダムヤンが決めて5点目。試合はこのまま終了。ホッフェンハイムが順当に勝利を収め、グループステージ3連勝。グループ突破に王手をかけました。


終始主導権を握り、順当な勝利。

今節は3-1-4-2のシステムで臨んだホッフェンハイム。CBの右には今季公式戦初出場となるボハルデを抜擢し、ダブールの相方には今季初スタメンとなるクラウスを起用しました。また、べブーをRWBとして起用しました。相手のスロヴァン・リベレツに新型コロナウイルスに感染したため、多くの主力選手が起用できないことから、ホッフェンハイムが長い時間押し込む事が予想されていましたが、実際にその通りになりました。スロヴァン・リベレツは自陣でブロックを組んで、できるだけ失点を抑えつつ、カウンターでワンチャンスを狙う戦い方をするのが精一杯でした。集中した守備してくる相手に対して、速いテンポでボールを繋いで相手を撹乱させて、積極的に中央から崩そうという姿勢が見られました。相手にボールが渡ってもすぐに回収して再び攻撃に移るゲーム展開に持ち込み、前半は2点のリードを奪った上に相手にシュートを打たせませんでした。


f:id:upar0108:20201107002400j:plain
前半でドッペルパックを達成したダブール。UELでは3試合4得点と大暴れ。


後半は、前半に比べて勇気を持って攻めに転じようという姿勢を見せてきた相手にシュートまで持ち込まれるシーンを作られましたが、決定機と呼べる形には持ち込ませませんでした。一方の攻撃では、途中出場のグリリッチュが父親となってからUELで2戦連発、アダムヤンがドッペルパック達成と監督の起用に応えました。また、この連戦全てのゲームでフルタイム出場を続けていたフォクトをハーフタイムで、アクポグマを61分で下げる事ができ、彼らに休養を与える事ができたことも評価できると思います。ケガ人が増えてきている中でここまで出番の無かった選手や、ケガから復帰した選手が試合に出て試合経験を積めたこと、そして、どの程度プレーできるのかを確認できたのも5-0という結果と同様に良かった事だと思います。


今季も健在!"スーパーサブ"のアルメニアン。

61分にピッチに入り、たったの10分で結果を出し、さらに5分後にも更なる結果を出したアダムヤン。昨季は敵地でバイエルンを撃破する2ゴールを決めてヒーローになり、その他のリーグ戦3得点は全て途中出場での得点で、短時間で結果を出すスーパーサブとしてチームに貢献しました。そんな彼は今年1月のレバークーゼン戦で負傷し、それが長引きそのままシーズンを終えました。そのケガもついに癒えて、10月末のブレーメン戦で復帰を果たしました。そして今節、彼にとってUEL初ゴール&復帰後初ゴール含む2得点でチームの大勝に貢献しました。今季ここまでスタメンでの出場は1試合もありませんが、短時間で結果を出せる勝負強さを武器にチームに貢献して欲しい選手です。


f:id:upar0108:20201107002515j:plain
数年前まではドイツのアマチュアクラブでプレーしていたアダムヤン。彼のシンデレラストーリーはまだまだ続く。


3連勝でGS突破に王手!

ホッフェンハイムは今節勝利した事で、グループステージ3連勝を達成しました。ここで順位表を確認しておきましょう。


《グループL 順位表》
ホッフェンハイム / 9Pts (11:1) +10
ツルヴェナ・ズヴェズダ / 6Pts (7:4) +3
---- 決勝ラウンド進出 ----
③ スロヴァン・リベレツ / 3Pts (2:10) −8
④ ヘント / 0Pt (2:7) −5


このようになっています。今節のもう一方のゲームは2-1でツルヴェナ・ズヴェズダが勝利しています。この結果、ホッフェンハイムは勝ち点を9に伸ばして首位でグループステージ前半戦を折り返す事になりました。余談ですが、得失点差+10というのは他のグループを見ても最多の数字になります。話を戻しますが、ホッフェンハイムは次節のスロヴァン・リベレツ戦に勝利すれば、3位との勝ち点差が9になり残り2試合では届かない数字になる事から2位以内が確定するため、もう一方のゲームの結果に関係なく自力で決勝ラウンド進出を決める事ができます。過去に2度挑戦してきたヨーロッパの舞台では上手くいかずに悔しい思いをしてきましたが、今回、三度目の正直で目標を達成できるまであと一歩というところまで来ました。この勢いで次節も勝利して決勝ラウンド進出を決めてほしいですね。




試合後コメント

セバスティアン・へーネス 監督

ヨーロッパリーグではとても上手くいっています。しかし、勝利を視野に入れる必要もあります。相手がどれだけ弱体化されていたのか分かると思います。とは言え、僕は何から何までチームに満足しています。そのようなゲームは時々異なった結果になる事があります。我々はとても真剣にパフォーマンスしました。ノックアウトステージに向けてとても大きな一歩を踏み出しました。我々は今、ブンデスリーガでも自分たちの瞬間を掴む必要があります。それが我々の目標です。ヴォルフスブルクで建て直しを成功させたいです。」


セバスティアン・ルディ

「今日はとてもいいパフォーマンスを見せました。僕たちはゲームのどの場面でも力を抜くことはしたくありませんでした。誰もがそれを望んでいました。正確に同じ方法でやり続けて、グループステージを突破したいと思っています。僕たちはドアを押して開けたので、今そこを通過する必要があります。」


ロリアン・グリリッチュ

「僕たちによるスーパーゲームでした。僕たちは1インチも動かしませんでした。しかし、リベレツのチーム状況も考慮に入れる必要があります。僕たちはノックアウトステージへの扉を大きく開いたので、今そこから離れる事はしたくありません。僕たちの今の目標はブンデスリーガでも成功する事です。」


モアネス・ダブール

「僕たちの今日のプレーには満足しています。僕の2ゴールは当然ですがとてもうれしいです。僕はヨーロッパリーグが大好きです。できるだけ遠い所まで行きたいです。しかし、僕たちは3試合しかこの大会でプレーしていません。」


サルギス・アダムヤン

「僕は自分の2ゴールがとても嬉しいですが、何よりもリベレツに対して3ポイントを獲得し、次のラウンドに進むためのドアを開けたことです。5-0で勝利すると当然ながら自信がつきますが、調子に乗るべきではありません。今、僕たちは日曜日にヴォルフスブルクと対戦するので、やり遂げる必要があります。」


Pavel Hoftych (スロヴァン・リベレツ 監督)

「今日はたくさんの選手が(新型コロナに)巻き込まれ、チームの多くの選手がプレーできませんでした。それがお分かりいただけたと思います。我々はホッフェンハイムの強さも分かっていました。通常の状況下で、我々のベストの選手が一緒でも、おそらくここではポイントを獲得できなかったと思います。私は選手たちに感謝したいです。彼らは守備でとても一生懸命に戦いました。」




次戦の予定

2020年11月8日(日)
🇩🇪15:30 / 🇯🇵23:30 キックオフ
20/21 ブンデスリーガ 第7節
ヴォルフスブルク (11位) vs. ホッフェンハイム (12位)
会場:フォルクスワーゲン・アレーナ




おわりに

ここまでスロヴァン・リベレツ戦のレビューを書いてきました。締めに入る前にひとつチームの素晴らしい行動を紹介したいと思います。ダブールがゴールを決めてホッフェンハイムが先制しました。その際に、ゲームに出場している選手たちが握りこぶしを掲げて、先日SNSで人種差別を受けたセセニョンに連帯を示す行動(BLM)をしました。この行動には多くの賞賛の声が集まっています。先日も書かせて頂きましたが、人種差別はどんな理由があれ絶対に許される事ではありません。



さて、ゲームそのものについての話題に戻したいと思います。今節は対戦相手のスロヴァン・リベレツが新型コロナウイルスに感染した選手が多くいたために起用できず、大きくメンバーを落として臨まなければなりませんでした。こうした要素もあっての5-0の勝利となりましたが、何があってもこの結果が変わることはありません。しかし、スロヴァン・リベレツの監督は試合後のコメントで「ホッフェンハイムが強いことは知っていた」、「ベストなメンバーでもポイントを取れなかっただろう」などと謙遜していました。また、厳しいゲームになるということはゲーム前から分かっていたのにも関わらず、全力でゲームに臨んでくれたスロヴァン・リベレツに感謝したいと思います。次回の対戦は3週間後になりますが、その時は今回よりもお互いがベストな状態で対戦できることを祈っています。


そして、日曜日はこの7連戦の締めくくりとなるヴォルフスブルク戦です。彼らは勝ち点8の11位ですが、ここまで無敗で来ています。通算の対戦成績も負け越している苦手なチームとの対戦になりますが、リーグ戦でも結果を残せるように頑張って欲しいなと思います。




けれむ