けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

いざ、未踏のステージへ!UEFAヨーロッパリーグ グループL 第4節 vs.スロヴァン・リベレツ

みなさん、こんにちは。
けれむです。


先週末のリーグ戦は惜しくも勝利とはなりませんでしたが、今節はクラブの歴史を塗り替えるためにも重要なゲームを迎えます。UEL第4節はアウェイでチェコのスロヴァン・リベレツと対戦します。


f:id:upar0108:20201126141415j:plain
今節は決勝ラウンド進出をかけた大一番。




試合データ

2020年11月26日(木)
🇩🇪18:55 / 🇯🇵26:55 (翌 2:55) キックオフ
UEFAヨーロッパリーグ グループL 第4節
スロヴァン・リベレツ (チェコ/3位) vs. ホッフェンハイム (1位)
ハッシュタグ:#LIBTSG
会場:スタディオン・ウ・ニシ


《放送》
なし



《主審》
ジェローム・ベリサール (フランス)

18/19シーズンから本格的に国際舞台で笛を吹くようになったフランス国籍の34歳と若い審判。両チームともに初担当。昨季はキャリア初のファイナルをクープ・ドゥ・ラ・リーグで担当しました。今季はUELディナモ・ザグレブvs.ヴォルフスブルガーAC戦の1試合を担当して、今節が自身通算3試合目のUEL担当になります。今季10試合でイエローカード51枚、レッドカードは9枚出しています。(一発退場、イエロー2枚含む)



《オッズ》 (betway)
リベレツ勝利:7.00
引き分け:5.00
ホッフェンハイム勝利:1.40



《過去の対戦成績》
UCL:なし
UEL:1勝 0分 0敗



《トピックス》
前回対戦はホッフェンハイムが快勝。
前回対戦はホッフェンハイムが5-0で快勝しました。とは言え、このゲームにはこのスコアになってもおかしくない事情がありました。ケガや新型コロナ感染で数人離脱者がいたとは言え、ゲームに出場する選手を選ぶ余地のあったホッフェンハイム。それに対してリベレツは新型コロナに感染した選手が多く出て、ゲームに出場する選手を選ぶ余地すらありませんでした。今回の対戦ではホッフェンハイムが前回の彼らに近い形になりますが、果たしてどのような結末が待ち受けているのでしょうか。


チェコの国内リーグが再開。
10月9日のゲームを最後に新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していた、チェコの国内リーグが再開しました。新型コロナウイルス感染者が多く出てしまったスロヴァン・リベレツは、感染した選手たちが続々とチームに復帰。2試合を消化して1勝1分という結果でした。




いざ、未踏のステージへ!

今節で決めるか、阻止するか。

インターナショナルマッチウィークが明けて、3週間ぶりにUELが帰ってきます。では、ここで前節終了時点での順位表を確認しておきましょう。


《グループL 順位表》
ホッフェンハイム / 9Pts (11:1) +10
ツルヴェナ・ズヴェズダ / 6Pts (7:4) +3
---- 決勝ラウンド進出 ----
③ スロヴァン・リベレツ / 3Pts (2:10) −8
④ ヘント / 0Pt (2:7) −5


このようになっています。ホッフェンハイムは今節引き分け以上で決勝ラウンド進出を決める事ができます。(勝利した場合は、4位のヘントが勝利した場合でも残り2試合の状況で3位以下との勝ち点差が9になり抜かれる事はないため。引き分けの場合は、残り2試合の状況で3位との勝ち点差が6となりますが、勝ち点で並んだ場合は当該チームによる直接対戦の成績によって順位を決するため。ex: 引き分けの場合は、リベレツとの成績が1勝1分となりホッフェンハイムの順位が上になる。) 今節、自力で決勝ラウンド進出を決められるチームは他グループを見渡してもホッフェンハイムしかありません。ホッフェンハイムが決勝ラウンド進出を果たすのか、スロヴァン・リベレツが意地を見せてそれを阻止するのか注目です。


クラブ史上初の快挙へ。夢は現実となるか。

リーグ戦では6戦未勝利と波に乗れていませんが、UELではクラブ史上初となる決勝ラウンド進出に王手をかけているホッフェンハイム。過去に2度ヨーロッパの舞台に挑み、悔しい思いをしてきましたが、今節引き分け以上でその夢を掴む事ができます。そんな夢を掴むまであと一歩に迫るチームを後押しするようなニュースが飛び込んできています。新型コロナウイルスに感染して検疫していた6選手と2人のスタッフがチームに復帰しました。そのうち3選手はすぐにチームトレーニングに参加しているようです。チームトレーニングに復帰している選手たちは今節出場の可能性があるとの事で、チームにとってプラスになる事は間違いありません。そして、チームは今節から8日間で行われる3試合が全てアウェイゲームのため、疲労軽減のために試合日当日にリベレツに移動し、試合終了後はその日のうちにドイツに戻る予定との事です。いざ、未踏のステージへ。夢を掴むその瞬間が近づいています。


f:id:upar0108:20201126142451j:plain
今季のUEL初出場が期待されるクラマリッチ。今季出場した公式戦全試合でゴールを決めているが、果たして。


ポット4からの"番狂わせ"のためには、もう負けられない。

初戦でベルギーのヘントを撃破するサプライズを見せたスロヴァン・リベレツ。しかし、その後は新型コロナウイルスに感染した選手が多く出て大差で敗れるゲームが続きました。開幕節以来となるホームでのUELですが、前回出場した大会から今大会にかけてホームでのUELは連勝中であるという彼らには追い風となるデータがあります。目の前でのグループステージ突破決定を避ける事、自分たちのグループステージ突破へ望みを繋ぐためにも今節の勝利は必須。ポット4からの"番狂わせ"に向けて、新型コロナウイルスに感染した主力選手たちが続々と復帰しているだけでなく、国内リーグも再開して前回対戦時よりも万全な状態でゲームに臨む彼らには注意が必要です。




プレスカンファレンス

セバスティアン・へーネス 監督


f:id:upar0108:20201126154827j:plain


今節のスカッドについて。
「手の内を完全に明らかにするつもりはありません。スコフ、ダブール、ルディがここ数日でチームトレーニングに復帰しました。彼らはリベレツとマインツで役割を果たす可能性があります。ベルフォディルとフォクトは今日トレーニングに復帰しました。今のチーム状況では完全に回す事ができません。誰がフィールドに立つのか確認しようと思います。」


対戦相手のスロヴァン・リベレツについて。
「最初の対戦とは違うチームに直面する事を期待しています。ありがたい事に、感染した選手は再び健康になっています。さらに彼らはホームでプレーしています。3週間前とは違う試合になるでしょう。我々はそのための準備をしています。選手たちはスロヴァン・リベレツを過小評価せず、乗り越えようとしています。」


グループステージ突破のチャンスを迎えている事について。
「チームとしての我々にとって、そしてクラブにとって歴史的な成功は非常に価値があります。ノックアウトステージではビッグな相手との対戦を引きたいです。しかし、まずは我々の前進を確実なものにして、最後の一歩を踏み出す必要があります。我々はそこにとても集中しています。我々は勝ちたいですし、それによってグループを勝利する事に向けて大きな一歩を踏み出す事ができます。」


シュツットガルトと3-3で引き分けた事について。
「キャンプの雰囲気が変わっているという心配はありません。試合後もまた非常にイライラしました。しかし、我々はゲームを適切な観点でゲームを見る事が必要です。我々は難しい状況にあります。チームについて多くを語っていますし、3-3のドローについて満足している訳ではありませんが、代わりに2ポイントを落とした事には不満を感じています。我々は継続する必要がありますし、最終的には報酬を得られるでしょう。」




予想スタメン

kickerによる今節の予想スタメンは以下の通りです。

ホッフェンハイム

f:id:upar0108:20201126172943p:plain


《スタメン》 System: 3-5-2
GK: バウマン
DF: アダムス / ノルトヴェイト / ボハルデ
MF: ルディ / グリリッチュ / セセニョン / ガイガー / ガチノヴィッチ
FW: バウムガルトナー / クラウス


《欠場見込み》
フィリップ (メンバー外)
クライン (メンバー外)
ブレネット (登録メンバー外)
ビチャクチッチ (右膝全十字靭帯損傷)
スタフィリディス (左肩の手術)
ブルーン・ラーセン (復帰に向けたトレーニング)
ベルフォディル (復帰に向けたトレーニング)
ヒュブナー (復帰に向けたトレーニング)
フォクト (復帰に向けたトレーニング)
アダムヤン (新型コロナウイルス感染)


スロヴァン・リベレツ

f:id:upar0108:20201126175729j:plain


《スタメン》 System: 4-4-2
GK: グエン
DF: コシェルニク / ガチャラバ / ティジャニ / ミクラ
MF: ベラン / サディレク / マラ / モスケラ
FW: ペセック / ユスフ




おわりに

ここまでスロヴァン・リベレツ戦のプレビューを書いてきました。新たなクラブの歴史を作るためにも必ず勝ち点を奪わなければならない一戦になります。今節勝てばグループステージ突破が決定、次節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦で勝てばグループ首位を確定、最終節のヘント戦で勝てば全勝突破と、勝ち続けていけばグループステージでの夢はどんどんと膨らんでいきます。まずは今節、しっかりと勝ってグループステージ突破を決めてクラブの歴史を塗り替える、そんなゲームにして欲しいと思います。日本時間では深夜キックオフのゲームとなりますが、チームの目標達成に向けて応援していきましょう。




けれむ