けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

勝って後半戦へ。20/21 ブンデスリーガ 第17節 vs.ヘルタ・ベルリン

みなさん、こんにちは。
けれむです。


前節引き分けて残留争いに留まったままのホッフェンハイム。前半戦最後のゲームとなる今節は、アウェイでヘルタ・ベルリンと対戦します。


f:id:upar0108:20210118134447j:plain
前回対戦はホームで0-3と大敗した。




試合データ

2021年1月19日(火)
🇩🇪20:30 / 🇯🇵28:30 (翌 4:30) キックオフ
20/21 ブンデスリーガ 第17節
ヘルタ・ベルリン (13位) vs. ホッフェンハイム (14位)
ハッシュタグ:#BSCTSG
会場:ベルリン・オリンピアシュタディオン


《放送》
スカチャン6 (Ch.586)
スカパー!サッカーオンデマンド
ブンデスリーガLIVE
※ 英語コメンタリーでの放送。


ブンデスリーガ見るなら、「スカパー!」で!
放送リーグ・番組|スカパー!サッカーセット|加入案内|スカパー!サッカー放送



《オッズ》 (tipico)
ヘルタ勝利:2.30
引き分け:3.50
ホッフェンハイム勝利:3.00



《過去の対戦成績》
1部:9勝 5分 6敗
2部:なし
ポカール:なし



《トピックス》
直近5シーズンはホッフェンハイム優勢。
直近5シーズンの10試合を振り返ると、ホッフェンハイムが5勝3分2敗と得意にしています。アウェイゲームに絞ると2勝2分1敗と多くのゲームで勝ち点を獲得していますが、今節も勝ち点を獲得する事ができるでしょうか。


両クラブとも直近5試合で僅か1勝。
今節対戦する両クラブともリーグ戦の直近5試合で僅か1勝と苦しんでいます。ホッフェンハイムの最後の勝利は第13節のボルシアMG戦で、1勝1分3敗。ヘルタの最後の勝利は第14節のシャルケ戦で、1勝2分2敗です。共にリーグ内ではトップハーフに入ってもおかしくないスカッドを抱えているクラブですが、この苦境を乗り越える最初の一歩を踏み出すのはどちらのクラブになるでしょうか。




チームニュース

U23チームは2戦連続ドロー。
2021年初勝利を目指してアウェイでカッセルと対戦したU23チーム。エケネのゴールで早々に先制するも、後半に1人少ないカッセルに追いつかれてしまう。72分にバイアーのゴールで勝ち越すも、80分に再び追いつかれドローに。U23チームも未だに年明け後は勝利がありません。


《TSGアカデミー / 女子チームの試合結果》
[U23 / レギオナルリーガ南西]
1月16日 △ 2-2 カッセル



スティラーが加入!
18日、TSGホッフェンハイムは来季の新加入選手として、バイエルン・ミュンヘンⅡからアンジェロ・スティラー(19)が加入する事を発表しました。フリーでの移籍で、2025年6月30日までの4年契約を結んでいます。スティラーはU20ドイツ代表にも選出されている中盤の底の選手で、昨季はへーネス監督の下でプレーした経験を持っています。ようこそ、TSGへ!






勝って後半戦へ。

勝ち点1差の残留争い直接対決。

前半戦最後のゲームとなる今節も、両クラブは残留争い直接対決に臨むことになりました。ホッフェンハイムヘルタ・ベルリンの勝ち点差は僅かに1で、周囲の勝ち点差も詰まって大混戦となっている現在の状況においては、お互いに絶対に勝ちたいゲームです。ホッフェンハイムは近年ベルリンでのゲームを得意にしていて、ここ4シーズン負けがありません。一方のヘルタはラッバディア監督がホッフェンハイム戦を得意にしていて、クラブを変えながら毎回相手を苦しめて勝ち点3を獲得しています。そんな過去を持つ両者の対戦になりますが、勝ち点3を掴み後半戦に弾みをつけるのはどちらのクラブになるのか注目です。


課題の守備は改善。攻撃も改善して2021年初勝利を狙う。

前節、ビーレフェルトとの残留争い直接対決をスコアレスドローで終えたホッフェンハイム。痛み分けでしたが、崩壊気味だった守備を改善して今季リーグ戦初のクリーンシートを達成する好材料もありました。ケガ人が多く出て苦しい状況のチームですが、選手や監督、フロントが口を揃えているのが"団結してこの状況を乗り越える"ことです。向いている方向はみんな同じですし、課題をひとつひとつクリアすることで乗り越えられるでしょう。今節に向けての課題は、現在2試合連続無得点に終わっている攻撃を改善することです。前節は出場停止だったバウムガルトナーが今節は復帰するため、中盤でボールを運び、チームに推進力を与えてくれることが期待されます。また、へーネス監督にとって、ヘルタ戦は古巣対決となります。現役時代にヘルタのセカンドチームでプレーした経験を持つ監督にとって特別なゲームになる事は間違いありません。監督としてはヘルタに勝つことで現役時代の"恩返し"をしたいところです。


f:id:upar0108:20210119163443j:plain
前節、久しぶりにスタメン出場を果たして相手ゴールに迫ったダブール。


安定して結果を出せず苦しむ首都クラブ。

「ビッグシティクラブプロジェクト」を掲げて、投資家がバックについたことで多額の資金提供を受け、次々と市場の注目選手を獲得してきたヘルタ・ベルリン。昨季はラッバディア監督が就任した新型コロナの中断明けの9試合である程度の結果を出した事で、今季は他クラブも恐れる存在でしたが、蓋を開けてみれば安定した結果を出せず下位に沈んでいます。今季に向けてフライブルクからGKのシュヴォロウを獲得。アーセナルからはゲンドゥージをローンで獲得するなど、コロナ禍の移籍市場では十分と言えるような補強を行っているため、スカッドだけで言えばこの位置にいるべきではないクラブであることは間違いありません。


前節はアウェイでケルンと対戦したヘルタ。中盤がダイヤモンド型の4-4-2でスタートしました。全体的に見て、攻撃的にプレーしてくるチームだなと思いました。攻撃では、最終ラインで回している時に、中盤の3枚がビルドアップのサポートに来たり、空いたスペースでボールを受けようとしたり流動的に動いていました。また、コルドバやピョンテクを目掛けてシンプルに前線に放り込んで来ることもあるので、DFとしては頭に入れておきたい点だと思いました。一方の守備では、アグレッシブにプレスをかけてきますが、あまりコンパクトでは無いため、守備者を剥せると広大なスペースがあるので、周りの選手がボールホルダーにしっかりサポートに行きたいところです。両チームとも決定機を逃してスコアレスドローに終わったゲームでしたが、前半からオープン気味な展開になっていたので、今節も激しい展開になる事が予想されます。中2日の厳しい日程ですが、最後まで走って戦って勝利を掴んで欲しいと思います。




プレスカンファレンス

セバスティアン・へーネス 監督
f:id:upar0108:20210119012616j:plain


今節のスカッドについて。
「フォクトにはまだ疑問符が掛かっている。彼は親指の靭帯を負傷している。我々は彼に遅れて声を掛けるよ。それ以外は何も変わっていないね。ビーレフェルト戦でケガしたもの以外のケガは無いよ。セセニョンも引き続き起用できないね。」



対戦相手のヘルタ・ベルリンについて。
「ヘルタは攻撃的な試合をしようとするだろうと思う。チームはまだ結果に反映されていなくても、個人の質はとても高いよ。ヘルタは本当に質に投資している。私は相手が早く我々を攻撃しようとしてると予想している。そのための準備をしているよ。」



チームの成長について。
「ベルリンでは、ビーレフェルト戦での守備の安定とシャルケ戦でのチャンスを組み合わせたいね。ビーレフェルトに対して2本のしか枠内シュートを許さず、リーグ戦で初めてクリーンシートを維持した。時々リードを奪った時に我々の助けになるだろうね。我々はヘルタに対して次の一歩を踏み出したい。これからも頑張っていくよ。」



監督のヘルタでの過去について。
「私は長年ヘルタ・ベルリンのアマチュアチームでプレーし、ベルリンに長く住んでいた。その時の思い出がとても好きなんだ。特別な機会になるだろうし、試合を楽しみにしているよ。」




予想スタメン

kickerによる今節の予想スタメンは以下の通りです。

ホッフェンハイム

f:id:upar0108:20210119001626p:plain

《スタメン》 System: 4-2-3-1
GK: バウマン
DF: ポッシュ / アダムス / フォクト / セセニョン
MF: ルディ / サマッセク / べブー / クラマリッチ / バウムガルトナー
FW: ベルフォディル


《欠場見込み》
フィリップ (メンバー外)
カデジャーベク (トレーニング不足)
ビチャクチッチ (リハビリ)
スタフィリディス (トレーニング不足)
ガイガー (トレーニング不足)
グリリッチュ (トレーニング不足)
ヒュブナー (足のケガ)
アクポグマ (左大腿の筋肉と腱の損傷)
スコフ (トレーニング不足)


ヘルタ・ベルリン

f:id:upar0108:20210119191040j:plain

《スタメン》 System: 4-4-2
GK: シュヴォロウ
DF: ペカリク / シュタルク / アルデレーテ / ミッテルシュテット
MF: トゥザール / ダリダ / ゲンドゥージ / ルケバキオ
FW: コルドバ / ピョンテク


《欠場見込み》
ディルロスン (膝の靭帯損傷)
ボヤタ (足のケガ)
プラッテンハルト (内転筋の問題)
レーヴェン (筋肉の問題)
エンガンカム (筋肉の問題)
ダルダイ (筋肉の問題)




おわりに

ここまでヘルタ・ベルリン戦のプレビューを書いてきました。この状況で前半戦最後のゲームを迎える事は想像していませんでしたが、勝って後半戦にいい流れで入れるようなゲームを期待したいと思います。ミッドウィーク開催のゲームですが、ぜひ4:30に早起きしてゲームを見て、そのまま学校や会社など各々の予定に向かう事をオススメします。笑
残留争いから抜け出せるように、そしてこの状況を乗り越えられるように、眠い目をこすりながら応援していきましょう!




けれむ