けれむのブログ

サッカー素人の筆者が、主にドイツ・ブンデスリーガのTSG 1899ホッフェンハイムを"ゆるく""楽しく"応援するブログです。

大きな連勝!20/21 ブンデスリーガ 第18節 3-0 ケルン

みなさん、こんにちは。
けれむです。


後半戦最初のゲームとなった今節、攻守に高いパフォーマンスを見せて3-0で勝利しました。連勝を飾り、残留争いから頭ひとつ抜け出す形になりました。


f:id:upar0108:20210126141734j:plain
試合開始早々、PKで先制してゲームを優位に進めたホッフェンハイム




試合データ

2021年1月24日(日)
🇩🇪18:00 / 🇯🇵26:00 (翌 2:00) キックオフ
20/21 ブンデスリーガ 第18節
ホッフェンハイム 3-0 ケルン
会場:PreZeroアレーナ


《ハイライト》
Bundesliga | Andrej Kramaric becomes Bundesliga's record Croatian goalscorer as Hoffenheim down Cologne



《得点者》
7' クラマリッチ (TSG / PK / 1-0)
28' バウムガルトナー (TSG / 2-0)
75' クラマリッチ (TSG / PK / 3-0)



《スタッツ》
シュート数 (枠内)
ホッフェンハイム:13本 (4本)
ケルン:15本 (4本)

パス数 (成功)
ホッフェンハイム:410本 (301本) / 成功率: 73%
ケルン:492本 (391本) / 成功率: 79%

ポゼッション
ホッフェンハイム:44%
ケルン:56%

ファウル (オフサイド)
ホッフェンハイム:8回 (0回)
ケルン:13回 (2回)

コーナーキック
ホッフェンハイム:6本
ケルン:9本

※ SofaScoreより。




今節のメンバー

今節のメンバーは以下の通りです。

ホッフェンハイム

f:id:upar0108:20210125144912p:plain

《スタメン》 System: 3-5-2
[GK]
バウマン (kicker採点: 2.0)

[DF]
アダムス (kicker採点: 3.5)
ノルトヴェイト (kicker採点: 2.5)
ポッシュ (kicker採点: 4.0 / 52' 警告)

[MF]
ガチノヴィッチ (kicker採点: 4.0 / 75' 警告 / 1A)
サマッセク (kicker採点: 3.5 / 88' Out)
ヨン (kicker採点: 3.0)
ルディ (kicker採点: 3.0)
バウムガルトナー (kicker採点: 2.0 / 1G)

[FW]
べブー (kicker採点: 3.0 / 13' 警告 / 75' Out)
クラマリッチ (kicker採点: 2.0 / 82' Out / 2G)


《サブ》
ペントケ
ブレネット
カデジャーベク (kicker採点: - / 75' In)
ダブール (kicker採点: - / 82' In)
ベルフォディル
アダムヤン (kicker採点: - / 75' In)
ボハルデ (kicker採点: - / 88' In)
ゲシュウィル


ケルン

f:id:upar0108:20210125145829j:plain

《スタメン》 System: 3-5-2
[GK]
T.ホルン (kicker採点: 3.5)

[DF]
セスティッチ (kicker採点: 6.0 / 6' 警告 / 30' Out)
ボルナウ (kicker採点: 4.0)
J.ホルン (kicker採点: 4.0)

[MF]
エヒジブエ (kicker採点: 6.0 / 30' Out)
スキリ (kicker採点: 3.0 / 56' 警告)
カッターバッハ (kicker採点: 3.5 / 61' Out)
ヘクター (kicker採点: 3.0 / 66' Out)
ドレクスラー (kicker採点: 5.0)

[FW]
ドゥダ (kicker採点: 5.0 / 61' Out)
ヴォルフ (kicker採点: 3.0)


《サブ》
ツィーラー
シュミッツ
アロコダレ
ヤーコプス (kicker採点: - / 61' In)
レジュベツァイ (kicker採点: - / 66' In)
エズジャン
メレ (kicker採点: 3.0 / 30' In / 63' 警告)
モデスト (kicker採点: - / 61' In)
ティールマン (kicker採点: 4.0 / 30' In)




大きな連勝!

戦評

後半戦最初のゲームとなった今節は、ホッフェンハイムがホームにケルンを迎えた残留争い直接対決に。序盤から主導権を握ったのはホームのホッフェンハイム。7分に獲得したPKをクラマリッチが決めて先制すると、28分にはバウムガルトナーがヒールでゴールネットを揺らして前半を折り返す。後半にもクラマリッチが再びPKを決めてゲームを決めた。ケルンはセットプレーを中心にゴールに迫るシーンを度々作ったものの、ホームチームの体を張った守備やゴールの枠に嫌われて無得点に。勝ったホッフェンハイムは連勝で残留争いから頭ひとつ抜け出した。


先制、中押し、ダメ押し。守備も幸運にもクリーンシート達成。

今節も3-5-2の布陣で臨んだホッフェンハイム。ケガで欠場のフォクトに代わってノルトヴェイト、ダブールに代わってべブーが起用されました。序盤から主導権を握って相手ゴールに迫ることに成功しました。7分には、べブーのシュートが相手のハンドを誘いPKを獲得。これをクラマリッチが中央にパネンカ気味に決めて先制しました。その後も度々ゴールに迫り、次にゴールを揺らしたのは28分。CKの流れからガチノヴィッチのミドルシュートをバウムガルトナーがヒールでフリックしてキーパの逆を突き追加点となりました。今季のリーグ戦で初めて2点リードでハーフタイムを迎える事ができました。後半にもクラマリッチのPKで追加点を奪って今節も3得点を挙げての解消でした。ただ、パスがズレて簡単にボールを失ったり、良くなかったところがあったので、そこは次節に向けて修正して欲しいですし、点差もあったのでもう少し落ち着いてポゼッションして欲しいなと思います。


f:id:upar0108:20210127132941j:plain
2点目を決めたバウミー。トップデビューから僅か1年半という期間で、"ヒール"で3得点に関与している。


守備は今節もクリーンシートを達成して、これで3試合連続になりました。ただ、危ないシーンも度々あってヒヤヒヤしましたが、運も味方するようになってきたかなと思います。具体的には、相手のストロングポイントであるセットプレーでは特に危ないシーンを作られ、前半にはポストに弾かれたシュートがあったり、後半にはPKを与えてしまい、バウマンのセーブで難を逃れましたが、失点してもおかしくなかったシーンが多かったです。それでも、少し前のチームと比べたら簡単にシュートを打たせることは無くなってきたと思いますし、ひとりひとりがやるべき事がしっかり整理されているように思います。次節はバイエルン戦となりますが、今のチームでどこまで通用するのか楽しみです。


TSGが誇る、2人の"PK職人"。

この試合の主役となったのは、TSGが誇る2人の"PK職人"でした。まずは、PKで2得点をマークしたクラマリッチ。前節に続くドッペルパック達成で、前節並んだクロアチア人選手のブンデスリーガ通算最多得点記録を更新しました。2本とも彼らしい落ち着いたキックで、見ているこちらも安心感がありました。改めておめでとう!



次に、今節もPKを止めたバウマン。前節もPKを止めていて、2試合連続でPKストップとなりました。今季ここまでで既に公式戦で4回PKを止めている、まさに"PKキラー"です。また、前節紹介した10/11シーズン以降のブンデスリーガでは9度目のセーブで、ベルント・レノ(現: アーセナル)に肩を並べました。また、3試合連続クリーンシートを達成して、安定してきた今のチームの守備を象徴しています。


f:id:upar0108:20210127132915j:plain
モデストのPKを止めるバウマン。


対ケルン6連勝。残留争いから頭ひとつ抜け出した。

今節ケルンに勝利して今季もシーズンダブルを達成して、このカードは6連勝という事になりました。つまり、同カテゴリーに所属しているシーズンは3季連続でシーズンダブルを達成している事になります。何とも嫌らしい相手でしたが、しっかりと勝ち点3を取れたことが何よりです。そして、この残留争い直接対決を制した事で残留争いから頭ひとつ抜け出す事ができました。入れ替え戦圏内の16位ケルンとの勝ち点差は7に広がり、上を見ればトップハーフの9位フライブルクと勝ち点5差、UEL出場圏内の6位フランクフルトと勝ち点8差、UCL出場圏内のヴォルフスブルクと勝ち点10差と、残り試合を考えてもまだまだ上を目指せる状況です。次節からはより厳しい相手との対戦が続きますが、勝ち点をしぶとく積み重ねていけば上位に顔を出す事は可能なので頑張って欲しいところです。




試合後コメント

セバスティアン・へーネス 監督

「今日は上手くいったので楽しい夜になったね。もう1回クリーンシートを維持できて嬉しいよ。今日の試合は上手くいったよ。それに満足しているんだ。でも、完璧にプレーしていなかった時期があったことも知っているよ。我々は勝ち点を獲得したんだ。当然、アンドレイ(・クラマリッチ)の記録を祝福したいね。これは彼の並外れたクオリティを示している。彼はそれを誇りに思うことができるよ。」


オリバー・バウマン

「今、相手のPKについては順調に進んでいる。当然満足しているよ。僕は長い時間待ってからすぐに飛んでいる。それらには多くの要因が関係しているね。試合前に相手のPKキッカーを含めて編集されたものを見ているんだ。チームとしては順調に進んでいるよ。シーズンの前半戦はいくつか欠如していて困難だった。今は作業で必要な領域が適切に管理されていて、守備が強化されているよ。僕たちはとても一生懸命だよ。これが実を結んでいるのは素晴らしいことだね。でも、完璧なゲームじゃなかったことは分かってるよ。少し落ち着いてポゼッションして欲しいね。僕たちはミュンヘンでも勝ち点を獲得したいと思っているよ。」


アンドレイ・クラマリッチ

「僕のPKは相手のGK次第だよ。彼らは僕のために準備をしているんだ。簡単ではないよ。オリ(・バウマン)は今日素晴らしいセーブをしたね。時々トレーニングで彼に会えない事もあるんだ。僕はきっとイビチャ・オリッチと電話で話すだろうね。ブンデスリーガクロアチア人の最多得点の記録を破るのを手助けしてくれたチームメイトには感謝したいよ。僕は当然記録に満足しているよ。達成できるとは思ってもみなかったからね。バイエルン・ミュンヘンから勝ち点を奪うためには、彼らと正しく対戦することが大切になるだろうね。」


クリストフ・バウムガルトナー

「今週2度目の3-0勝利に満足しているよ。困難な週が数週間あって、より安定する必要があることを認識していたよ。3試合連続でクリーンシートを維持したことでそれを達成できたね。僕が決めたゴールは、ベルリンでアンドレイ(・クラマリッチ)が決めたゴールととても似ていたね。ミヤト(・ガチノヴィッチ)のシュートが枠を外れているように見えたので、フリックでボールをゴールに向けることができたよ。僕たちは順調に進んでいるけど、バイエルンに対しても進んで行って、遂行する必要があるよ。成功するためには、完璧な仕事をして、自信を持って試合に臨む必要があるね。」


マルクス・ギズドル (ケルン監督)

「我々はあまりにも簡単に失点してしまった。その時、どのようにプレーするのかは問題ではない。それは難しいでしょう。我々はセットプレーをより良く守る必要があるよ。それが今日我々が成功するのを妨げた理由だよ。我々は十分に警戒せず、酷い目にあった。後半は良くなったね。今、1週間のトレーニングがあり、ビーレフェルトとの重要な試合があるんだ。」




次戦の予定

2021年1月30日(土)
🇩🇪15:30 / 🇯🇵23:30 キックオフ
20/21 ブンデスリーガ 第19節
バイエルン (1位) vs. ホッフェンハイム (11位)
会場:アリアンツ・アレーナ




おわりに

ここまでケルン戦のレビューを書いてきました。勝ち点3を取れた事が、そして今節もクリーンシートで終えれた事が良かったなと思います。次節はアウェイでバイエルンと対戦します。前回対戦では快勝していますが、そのイメージを捨てて臨まないといけないと思っています。ただ、徐々にチームの完成度は上がってきていると思いますし、厳しいゲームになると思いますが今からとても楽しみです。もし、バイエルンからシーズンダブルを達成する事になれば、TSGとしてはクラブ史上初。バイエルンがシーズンダブルをされるのは11/12シーズン以来の出来事になるそうです。そんな夢を抱きながら週末を楽しみに待ちたいですね。また勝てるように応援していきましょう!




けれむ